• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

社会福祉法人岐阜アソシア 様
大災害に備え、視覚障害者の支援を効率よく行うための
マップ作成を推進する

今後の展開

Zmap-TOWNIIによる支援用地図づくりは
今後は岐阜にとどまらず、全国規模に

Zmap-TOWNIIを使ってつくられた、こうした地図があれば、被災地支援のために他の地域からやってきた人でも、より少ない労力で目的の住所に辿り着くことができると考えられる。

棚橋 氏
「例えば、視覚障害者Aさんの自宅に行き、さらに地図を見ながらAさんを近くの避難所や福祉施設に連れていくことなどが、これまでよりもずっと容易になると考えています。この仕組みづくりは、現在では岐阜県内の20市町村をカバーしています。これは全体の6割ほど。さらに地区を追加して、できるだけ早く県内全42市町村をカバーできるようにしたいですね。」

東日本大震災の状況を踏まえて、岐阜アソシアが進めるこの取り組みを全国に広げようと、まずは岩手、宮城、福島の東北3県の視覚障害者に個人情報の提供を呼びかけたところ、1400人から登録依頼があったという。

棚橋 氏
「最終的には行政と情報を共有するなどして、災害時の視覚障害者支援の仕組みづくりにともに取り組んでいきたいと思います。また現在は健常者が管理運用するシステムですが、将来的には障害者でも使えるようにできたらいいですね。」
高橋 秀夫 氏

常務理事 館長

高橋 秀夫 氏

「視覚障害者を支援する仕組みづくりは、今後も地道に広げていきたいですね。」

棚橋 公郎 氏

サービス課長

棚橋 公郎 氏

「支援の仕組みづくりには、精度の高い、詳細な地図が必要になります。」

災害支援マップ

拡大画像を表示

災害支援マップ。画面上、緑で塗られている建物は福祉事業所。このように要援護者の自宅、支援者の自宅、避難所などがマップ上に色分けされている。

災害支援マップ詳細情報

マップ上の色がついた建物をクリックすると、詳細情報が表示される。要援護者であれば、主治医や緊急連絡先、支援者名など災害時に必要な情報がすぐにわかる仕組みだ。

GIS商品に関する資料請求/デモンストレーション/お見積もりなどのご相談について

具体的な商品のご説明やお見積もり、導入事例、デモンストレーションの依頼などお気軽にご連絡ください。

株式会社ゼンリン
東京エリア統括部 東京営業部

ご相談はこちら

商品に関するお問い合わせは、右記よりお願いいたします。

お問い合わせ

この事例で導入された商品・サービス

Zmap-TOWNII

同じ商品の他社事例・実績

コープ東北サンネット事業連合

震災後、被災した組合員の「暮らし」を守るためZNET TOWNを導入し、仮設住宅への個人宅配にも迅速に対応

ホームネット株式会社

詳細で精度の高い住宅地図の導入が地域に密着した通報サービスの品質向上を実現

事例紹介

商品に関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。

お問い合わせ

ZENRIN Store/住宅地図、パソコン用ソフト、カーナビソフトなどがオンラインで購入いただけます。

資料請求・デモンストレーション

具体的な商品のご説明やお見積もり、導入事例、デモンストレーションの依頼など、お気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーションのご相談はこちら

商品・サービス

どの商品で何ができるのか?商品の活用方法を知りたい方は、お悩み別に商品を検索することもできます。ご確認ください。

目的から探す

ゼンリン自治体支援プロジェクト