• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士 ZNET TOWN API/CGI

不動産鑑定業務に欠かせない、精度の高い住宅地図。
ZENRIN GISパッケージによる業務負担軽減と
自社システムへの組み込みにより業務改革を実現。

導入企業のご紹介

大和不動産鑑定株式会社 様

大和不動産鑑定株式会社

一般の商品と異なり、土地等の適正な価格評価にきわめて高度な専門性と情報力が問われる「不動産鑑定」。1966年の創業以来、その不動産鑑定評価に精通し、独立した鑑定評価機関として中立・公平な立場でさまざまな不動産評価情報サービスを提供する「不動産の総合コンサルタント」である。不動産鑑定評価、固定資産システム評価、建築エンジニアリングサービス、補償コンサルタント、まちづくりコンサルタントなど、土地や建物とその権利に関わるさまざまなコンサルティングを行っている。

(左から)お話を伺った

  • 鑑定・証券化部 課長 | 西川 潤 様
  • 鑑定・証券化部 次長 | 川井 祐二 様
  • 常務取締役 | 野上 哲 様
  • 鑑定・証券化部 | 小口 智子 様
  • システム開発部 部長 | 西坂 拓也 様
  • システム開発部 | 田中 貴 様

多様化・高度化する不動産鑑定業務では、さまざまな地図情報が必要となっています。不動産鑑定業界の民間最大手である大和不動産鑑定株式会社様では、『ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士』と『ZNET TOWN API/CGI』をご導入いただき、業務にご活用されています。

[取材:2017年3月]

画面上でいつでもブルーマップを確認できる安心感と、
物件から最寄りの施設までの距離計測機能に大満足

ブルーマップを活用して、調査対象の確認する手間や、作業時間を軽減したい

導入前の業務課題

  • 公務局に行ってブルーマップを確認するのに時間と手間がかかる
  • 不動産鑑定書の作成を効率よく行いたい

「不動産鑑定業務に適したアプリを探していた」と野上氏

「不動産鑑定業務に適したアプリを探していた」と野上氏

以前はどのような課題や問題を抱えていらっしゃったのでしょうか?

仕事上、地番情報を調べることが多く、ブルーマップは業務を進める上で必要不可欠な情報です。しかしブルーマップの冊子は高価で、毎年最新のブルーマップを整えることは困難。現状を確認するには法務局に出向いて調べるしか手段がなかったんです。
法務局までの往復の時間と交通費がかかる上、平日17時15分には法務局の業務が終了するので時間の制約もあります。その結果、効率よく作業ができないこともありました。
そういった問題の解決方法がないかと、インターネットなどで情報収集し、WEB上で見られるブルーマップを探したのですが、住宅地図と重ねる機能がなかったり、あっても高価だったりして、困っていました。

随時更新される住宅地図とブルーマップの重ね合わせ表示が、いつでもできる

導入の決め手

  • いつでも最新のブルーマップが確認できる
  • 住宅地図とブルーマップの重ね合わせができ、対象物件を確定しやすい
  • 距離計測も可能で、作業がワンストップ化し、業務効率が上がる

『ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士』を導入して、使ってみた印象はいかがでしたか?

社内に古いブルーマップしかなかったことや法務局に行く時間と手間、住宅地図とブルーマップとの照合作業の手間、そして何より不動産鑑定書作成にかかる時間の短縮といった、今まで抱えていたすべての問題が解決できると感じました。使い方も簡単で、特に操作方法をレクチャーしていただかなくても、みんな直観的に使うことができましたね。

具体的にはどんなメリットを感じましたか?

一番のメリットは、何と言ってもブルーマップがいつでも確認でき、住宅地図との重ね合わせができること。住居表示しかわからない場合、地番しかわからない場合のどちらの場合でも対象物件を簡単にみつけることができます。またブルーマップもネット配信なのでいつでも最新のブルーマップを使うことができ、時間を気にしながら法務局に出かける必要もなくなりました。
導入してからは、不動産鑑定書作成の業務効率も、格段に向上しました。以前は、ブルーマップの情報や住宅地図の情報など別々のところから収集してきてまとめるというアナログ的な作業だったんです。それが、『ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士』なら、ワンストップで情報を得られるので、不動産鑑定書の作成がとてもスムーズにできるようになりました。仕上がりもキレイですしね。

「マップの重ね合わせができるので効率的」と小口氏

「マップの重ね合わせができるので効率的」と小口氏

その他に、当初は予想していなかったようなメリットは何かありましたか?

鑑定書を作成するときに、対象物件から駅やバス停までの距離を計測する業務が必要なのですが、従来は別のソフトを使って計測しなくてはいけませんでした。『ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士』は、対象物件と指定の施設までのルートを、道路を自由に選んで計測できる機能があるので、手間が軽減されて便利ですね。
あと、ゼンリンの地図は、バス停がわかりやすくて、とても助かっています。住宅の詳細な表札情報もとても重要なのですが、バス停などの細かな情報も正確なので、ありがたいです。

将来的には、すべての支社に『ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士』を導入したい

導入効果

  • 不動産鑑定業専用の商品なので、効果的な業務の効率化が図れる
  • 導入コストや利用コストが抑えられ、全支社への導入も検討しやすい

「全支社導入を目指したい」と野上氏

「全支社導入を目指したい」と野上氏

今後、どのような展開をお考えでしょうか?

『ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士』は、住宅地図やブルーマップ、固定資産税路線価など7つの地図コンテンツが揃っていて、対象地点間のルート計測も行えるという、まさに私たちのような不動産鑑定業のための商品。導入自体も簡単ですし、月額利用料金が1都道府県・1IDあたり1万円(税別)と費用的にもメリットを感じています。
現在は九州支社、北九州支社(福岡県版)だけに導入していますが、不動産鑑定書を作成する作業の手間と時間が大幅に軽減できて、業務の効率化が図れるという導入によるメリットがはっきりと出ているので、将来的には他の支社への導入も視野に入れています。

自社開発のWEBアプリに組み込みが容易で、
現場での効率的な鑑定調査業務を実現

震災で、境界すらわからない住宅地の鑑定調査を、効率よく行いたい

導入前の業務課題

  • 建物が残っていないため、場所の確定に時間がかかる
  • 紙の地図だと、かさばる上、水に濡れると破れることもある
  • 調査時の持ち物を減らして、短時間で効率よく回りたい

「従来の手法だと大変な作業になるな、と思っていた」と西川氏

「従来の手法だと大変な作業になるな、と思っていた」と西川氏

現在、『ZNET TOWN API/CGI』を採用したシステムを自社開発されてお使いですが、どのような経緯があったのでしょうか?

東日本大震災の後、ある被災地の自治体から、被災した住宅地を買い取るための評価のご依頼を受けました。津波による被害を被っていた地域では、建物が全く残っていない状況です。現地で、震災前の住宅地図や地番図などを確認しながら、どこからどこまでが対象地なのかを確定させる作業を行わなければなりませんが、調査ポイント数が数千地点あり、調査にかけられる時間も限られていたので、どういう方法でやるのが効果的か、検討していました。

そこでゼンリンにご相談いただいたんですね?

はい。従来の紙の地図を使った調査だと、雨に濡れるとぐちゃぐちゃになったり、破れたりする心配があります。被災地の調査に限らず、通常の調査業務でも同じことが言えますが、調査には住宅地図と地番図、調査票、デジカメなど、現地の調査に必要な物がたくさんあるので、現実的にそれらを持って回るのは効率が悪すぎる。なので、デジタルで一元化したシステムをつくろうと考えて、ゼンリンに相談したんです。

「紙は無くすリスクも大きい。デジタルマップなら安全」と川井氏

「紙は無くすリスクも大きい。デジタルマップなら安全」と川井氏

システムへの組み込みが容易な、高い精度の住宅地図データを低コストで導入でき、
現地調査の大幅効率化が図れる

導入の決め手

  • 詳細な住宅地図を、自社開発のWEBアプリに利用できる
  • APIコードを組み込むだけなので、導入が簡単である
  • 紙の地図を現場で広げる必要がなく、タブレット1台で調査が完了する

「ZNET TOWN API/CGIは組み込みしやすい」と田中氏

「ZNET TOWN API/CGIは組み込みしやすい」と田中氏

『ZNET TOWN API/CGI』の導入によって、どのようなメリットが得られましたか?

まず、開発にあたっては、WEBアプリとして使いやすいAPI化された住宅地図のソースコードを組み込めばいいので、スムーズに導入できました。タブレット端末で利用できる現地調査システムが構築できたのは、『ZNET TOWN API/CGI』があったからこそです。開発から調査開始までは約1か月の短期間。その後、社内で改良を進めつつ、バージョンアップしたシステムや追加した地区の地図情報などを、随時現地でダウンロードしてもらうというやりかたで、効率的に進められました。
費用面での後押しも大きかったですね。月額いくらで端末何台までと利用コストが決まっていたので、無理のない導入が可能でした。
また、『ZNET TOWN API/CGI』は、当社が通常行っている他の調査業務にも活用でき、作業効率の改善につながっています。

現地での調査作業には、どんな効果がありましたか?

紙の住宅地図を広げる必要がなくなったことは大きいですね。雨で濡れて読めなくなったり、なくして個人情報が漏えいする心配もなく、広いエリアでもタブレットの画面で地図を確認できるわけですから。
調査に必要なすべてのアイテムがタブレット1台に集約されたことで、調査効率が上がりました。従来のやり方だと、現場をデジカメで撮影し、社に戻ってどの写真がどの現場のものかを照合する手間がかかっていたのですが、タブレットなら撮影したその場で調査票に貼っておけます。『ZNET TOWN API/CGI』のおかげで、調査から成果物の作成までがワンストップで行えるようになりました。
GPS機能も活用し、震災前の住宅地図と地番図を重ね合わせて、建物がほとんど残っていない現場を歩いて調査対象地を確定していく地道な作業でしたが、住宅地図が正確なので、ほとんど誤差なく確定できました。

ZNET TOWN API/CGIを活用した「現地調査システム」(8,429KB)PDF

「タブレット1台で完結するので、圧倒的に業務が効率化した」と西坂氏

「タブレット1台で完結するので、圧倒的に業務が効率化した」と西坂氏

他業務での活用と、さらなる業務効率化を目指す

導入効果

  • 住宅地図を必要とする他業務のシステムにも活用できる
  • 随時最新の住宅地図に更新されるので、さまざまな業務で安心して使える

「当社のさまざまな事業で活用できる可能性がある」と野上氏

「当社のさまざまな事業で活用できる可能性がある」と野上氏

震災後の土地調査で構築したシステムを、さらに応用して活用されているそうですね?

はい。固定資産の評価業務のためのシステムに改修して使っています。『ZNET TOWN API/CGI』は表札情報も確認できますし、随時最新のデータにアップデートされるので、非常に有効です。地図上に、路線価情報などさまざまなレイヤーを重ねることも簡単にできるので、固定資産評価業務の作業効率化が実現できました。

今後予定している展開や、ゼンリンへのご要望などはございますか?

他の業務でも、『ZNET TOWN API/CGI』を活用したシステムを構築しようと検討中です。劇的な業務の効率化が期待できますから。
要望としては、例えば現在地から次の調査場所までのルート案内ができるようになると、時間短縮が実現できるなと思います。移動に時間がかかるのは当然なのですが、将来的には、もっとも効率のいい最短ルートを、その時の道路状況や障害などを回避して表示できるようになると良いですね。

「ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士」に関するお問い合わせは、お近くの営業所・サービスセンターまでお気軽にご相談ください。お近くの営業所が不明の場合は、お問い合わせボタンよりご連絡ください。

営業拠点一覧

お問い合わせ

不動産鑑定登録業者様向け ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士

不動産鑑定評価に必要な情報をワンストップでご提供!情報収集の手間と時間を削減!

商品紹介ページ

GIS商品に関する資料請求/デモンストレーション/お見積もりなどのご相談について

具体的な商品のご説明やお見積もり、導入事例、デモンストレーションの依頼などお気軽にご連絡ください。

株式会社ゼンリン
東京エリア統括部 東京営業部

ご相談はこちら

商品に関するお問い合わせは、右記よりお願いいたします。

お問い合わせ

この事例で導入された商品・サービス

ZNET TOWN API/CGI

同業種の他社事例・実績

株式会社日住サービス

スマートフォンに対応することで、お客様と同行中でも、その場で新たな物件情報を提供できる

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader®をお持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

事例紹介

商品に関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。

お問い合わせ

ZENRIN Store/住宅地図、パソコン用ソフト、カーナビソフトなどがオンラインで購入いただけます。

資料請求・デモンストレーション

具体的な商品のご説明やお見積もり、導入事例、デモンストレーションの依頼など、お気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーションのご相談はこちら

商品・サービス

どの商品で何ができるのか?商品の活用方法を知りたい方は、お悩み別に商品を検索することもできます。ご確認ください。

目的から探す

ゼンリン自治体支援プロジェクト