• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

3D都市モデルデータ

お客様の想像力をかきたてる提案を実現する

導入企業のご紹介

株式会社日建設計 様

株式会社日建設計

株式会社日建設計では、設計部門に「3Dセンター室」と「DDL(デジタルデザインラボ)室」を設置し、顧客に対する提案や自社内での企画・設計に3Dデータを活用する手法を研究し全社に推進を行っている。2017年より導入を開始した「3D都市モデルデータ」はここでどのような活用メリットを発揮しているのか。同社が考える将来的な都市づくり計画のビジョンも含め、3Dセンター室の西氏とDDL室長代理の角田氏に話を伺った。

http://www.nikken.co.jp/ja/

株式会社日建設計 様

(左から)お話を伺った

  • 設計部門 3Dセンター室 | 西 勇 様
  • 設計部門 DDL室長代理 | 角田 大輔 様

信頼性を感じさせ、合意を得るための提案に有効

当社の設計部門「3Dセンター室」と「DDL(デジタルデザインラボ)室)」では、2017年からゼンリンの「3D都市モデルデータ」、「広域3次元モデルデータ」、「道路地図および一軒一軒の建物形状の含まれる市街地図データ」を導入し、全社的な活用を推進しています。1年間で約30プロジェクトにおいて活用しています。3D都市モデルデータを使った提案はお客様に信頼性と説得力を感じさせるため、主に設計の初期段階でのプラン検討やお客様への提案における合意形成に有効であると思います。こちらを活用しての提案先は学校やマンション、オフィスビルなどの建物用途、また、規模もさまざまです。日照シミュレーションを可視化したり、制作したデータを3Dプリンターで出力するということもありますね。
導入の経緯は、もともとゼンリンの住宅地図帳を使っていましたが、そこに3Dもあるとのことで、「これは活用できる」と思ったためです。弊社の仕事の場合、都市、建物等の地理情報がきちんと更新され、その精度が高いことが大切ですが、そういう意味でも問題ないと判断しました。現在は主に東京23区内における提案に活用していますが、今後は使用頻度を高めていくとともに、名古屋や九州地区での提案にも導入していきたいと考えています。

操作性が良く、作業時間の短縮にも効果的

「3D都市モデルデータ」を活用してみると、使いやすさという意味においては、よく工夫されていると感じました。データの精度が高く、マテリアルが広域にそろっている。データ上の建物一個一個を加工できるのも特徴です。現在の建物データを入れ替えることもでき、建て替えに関する提案はかなりやりやすくなりました。作業の手間に関しても、今まで2次元の地図から敷地周辺の3Dデータを作っていましたが、3Dのデータがすでにあればこの必要はありません。1週間かかっていた作業が1、2日で終わるのですから、これは大きな時間短縮につながります。操作性という意味でも、データの取り込みも容易で感覚的な操作ができるので、こちらも作業の効率化に一役買っていると思います。

道路地図および市街地図データとの組み合わせで「ソフト面」での訴求力も強化

ゼンリンの3Dデータを使って作成した都市模型に日建設計の建築物情報や、地図データをプロジェクションマッピングで投影

ゼンリンの3Dデータを使って作成した都市模型に日建設計の建築物情報や、地図データをプロジェクションマッピングで投影

当社では「3D都市モデルデータ」と「道路地図および市街地図データ」を組み合わせて提案に生かすケースもあります。道路地図および市街地図データが保有する情報には建物の種類や、商業ビルであればテナント情報等がありますので、こちらと3Dデータを組み合わせることで、より実情に即した提案ができると考えています。建築物を活用する人は、どのような活用をするのか。ハード面のみならず、ソフト面からも訴求をすることができるようになるのです。
また、提案内容は、フェーズや求められるものによってさまざまです。建築物として対象エリア全体におけるバランスや配置をみたい場合や、建築物の周辺環境との関わりを重視した表現にする場合もあります。特に、周辺環境との兼ね合いは重視されるものです。お客様の求める内容に応じて地図データの情報を重ね合わせ、「そこにいる人にどのような影響を及ぼすのか」というシミュレーションを可視化する。これにより、当社ではお客様に「気づき」を得てもらえるような提案をすることもできていくと考えています。

よりムダのない、魅力的な都市計画にも活用していきたい

「3Dセンター室」とともにデジタルデザインの活用を推進している「DDL室」は、より高度にデータを活用する方法を研究している部署ですが、ここでは将来的な都市計画のための活用方法を考えています。昨今ではさまざまなものがデータ化されていますが、こと建築物についていえば、実は詳細なデータベースがないというのが実情です。現在、建築物の情報は都市のブラックボックスになっているのです。当社が関わってきた建築物は相当数にのぼり、これらのデータを蓄積してきています。しかし、現状ではこのストックデータが「個」として扱われているので、これらを「群」として捉えることができると都市を俯瞰的な視点で見ることができ、効率的でムダのない都市計画を立てることができるのではないかと思います。先日、当社が開催した建築情報の都市的な利用の可能性を示す展示では、行政の方も興味を強く持たれているようでした。この蓄積された建築情報を全社共有することにより、一棟一棟の建築物の設計の際にも、個別プロジェクトごとに周辺環境を調査するといった手間が削減されることでしょう。
そしてそのためには、建築情報と地理情報を重ね合わせていく仕組みが必要です。これを将来構築していくという面でも、ゼンリンの地図情報を今後も活用していきたいと考えています。

道路地図及び市街地図データのGIS活用イメージ

道路地図及び市街地図データのGIS活用イメージ

建築情報と地理情報を重ね合わせた多様な利用と可視化したイメージ

建築情報と地理情報を重ね合わせた多様な利用と可視化したイメージ

ゼンリンの3Dデータと建築物のモデルを使用して、日照シミュレーションを行い、それにより発生するエネルギー量を可視化したイメージ

ゼンリンの3Dデータと建築物のモデルを使用して、日照シミュレーションを行い、それにより発生するエネルギー量を可視化したイメージ

※出典 建設ITガイド2018 一般財団法人 経済調査会 刊

「3D都市モデルデータ」に関するお問い合わせ・ご相談がございましたら、まずはこちらのページをご確認ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

3D都市モデルデータ

BIM/CIM業務からVR、ゲーム開発まで、幅広い利用用途

商品紹介ページ

GIS商品に関する資料請求/デモンストレーション/お見積もりなどのご相談について

具体的な商品のご説明やお見積もり、導入事例、デモンストレーションの依頼などお気軽にご連絡ください。

株式会社ゼンリン
東京エリア統括部 東京営業部

ご相談はこちら

商品に関するお問い合わせは、右記よりお願いいたします。

お問い合わせ

この事例で導入された商品・サービス

ZNET TOWN API/CGI

同業種の他社事例・実績

東建コーポレーション株式会社

拠点案内サービスAPI・CGIをフル活用して詳細で鮮度の高い不動産物件情報の管理・発信を実現

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader®をお持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

事例紹介

商品に関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。

お問い合わせ

ZENRIN Store/住宅地図、パソコン用ソフト、カーナビソフトなどがオンラインで購入いただけます。

資料請求・デモンストレーション

具体的な商品のご説明やお見積もり、導入事例、デモンストレーションの依頼など、お気軽にご相談ください。

資料請求・デモンストレーションのご相談はこちら

商品・サービス

どの商品で何ができるのか?商品の活用方法を知りたい方は、お悩み別に商品を検索することもできます。ご確認ください。

目的から探す

ゼンリン自治体支援プロジェクト