ZENRIN Maps to the Future
ゼンリンメールマガジン for Hobby
2014年9月25日配信
ゼンリン特集
地理人コラム
ゼンリンからのお知らせ
vol.7
秋の気配が日を追うごとに増してくる昨今、いかがお過ごしですか?急に冷え込むケースもあるので、体調にはじゅうぶん気をつけて、快適な日々をお過ごしください。
ゼンリン特集
写真:特集
防災への関心度・対策をレポート 防災意識調査2014
いつ訪れるかわからないけれど、しっかり気に留めておきたい防災の意識。日頃からの備えも万全にしておきたいところです。

ゼンリンは9月5日までの『防災週間』にあわせ、「防災意識調査2014」を発表しました。一般生活者の防災に関する意識を捉えることを目的として、日頃意識している防災対策や自然災害、情報の入手先など、年代別の意識の傾向なども踏まえて調査。さまざまな傾向が浮き彫りになりました。

たとえば、自然災害に対する防災について。日頃から意識しているかどうか伺ったところ、「非常に意識している」(8.9%)と「意識している」(37.1%)を合わせるとおよそ半数の方が自然災害を意識していることがわかりました。その一方で「全く意識していない」(7.8%)と「意識していない」(16.5%)を合わせると、4人に1人が自然災害を意識していない結果となっています。

自然災害に対する防災について、日頃から意識していますか?
年代別でみると、世代を追うにつれて防災意識が高まり、60代では「非常に意識している」が13.4%。「意識している」が44.4%。半数を超える方が防災を意識している結果となりました。

他にも「日頃意識している自然災害は?」「避難所の場所・名前を把握しているか」「家庭・職場での防災対策」「今後とりたい防災対策」「災害発生前後の情報収集源」などのアンケートデータを集計しています。

これを機に防災について考え、あらためてご自身の“備え”が万全かどうかチェックする意味でも、ぜひお読みください。

「防災意識」が明らかに アンケート結果はこちら
 
  メルマガ会員おすすめ!季節を楽しむスポット紹介!
  季節を楽しむスポット写真募集中!
おすすめスポット写真応募はこちら
※必ず上記「おすすめスポット写真応募はこちら」からご応募下さい。
地理人コラム
地図を読み解くおもしろさ~空想と現実と~ 街の見方・読み方「住宅地の表現」
古くからの住宅地は地図にどう描かれるか
古くから密集している住宅地は、道路の網目が細かく、道幅も細いのが特徴です。高度成長前は、家屋の大きさが現代より小さいだけでなく、自家用車の利用も主流ではありませんでした。住宅に駐車場スペースがないことで、家屋の敷地面積も小さく、車が通る前提がないことで、道路も狭くなっています。平地の場合は道路が直線的ですが、少し傾斜があると、曲線の道路や行き止まりも増えてきます。太い幹線道路も少なく、バスが通るような比較的広い道路でも、道幅が狭いことが多いのです。

地図画像
※画像は全て、地理人制作の実在しない都市地図です。
新興住宅地は地図にどう描かれるか
高度成長後、車社会になった後にできた新興住宅地の道路は、大通りも小さな通りも総じて広く、家の大きさも広くなっているため、区画の大きさも大きくなっています。付近一帯を一括して開発されることが多いため、統一感があり、道路と道路の間隔も比較的均等です。また、なめらかな曲線も特徴です。1970年以前ではなかなか見ることのなかった、均等なカーブの曲線です。傾斜地でもよく見られますが、新興住宅地であれば平地でもしばしば見られます。

地図画像
住宅地を変える一大事・・・区画整理
古くからの住宅地でも、広く直線的な道路に変化する場合があります。それが「区画整理」です。区画整理とは、屈曲した狭い街路を直線的な広い街路に変え、そのために建物も建て替えて移動するというものです。新たな道路分の面積を供出し、多少の風情を失う代わりに、有効に使える土地が増えることや地価向上、防災上のリスク軽減といった効果があると言われています。

今まさに区画整理が進んでいるエリアは、農地が広がっていたが宅地化が進んでいるところです。直線的な広い道路と屈曲した狭い道路が混在しているエリアは、まさに区画整理中であることを物語っています。

地図画像
市街地至近の住宅地は地図にどう描かれるか
市街地や、市街地近くの住宅地は、古くから人が住んでいるはずですが、直線的で広い道幅の街路がほとんどです。これもまた、区画整理を経たパターンです。その契機の多くは戦災や震災でした。街路は直線的で縦横無尽の道路網となり、実際に行くと、どこもかしこもマンションや雑居ビルと古い家が混ざっています。

もともと建物も街路も密集していた地域を区画整理すると、時折、昔の道路と思われる、曲がった道路や、周辺の格子状の道路と異なる道路が残る場合があります。古い道路が残るところは旧街道で商店街だったり、以前の大通りだったり、何らかの事情が考えられます。古い地区の区画整理は、地図上にそんな小さな風情を残してくれたりもします。

地図画像
次回は、地図の見方・読み方「縮尺編2:行動範囲と縮尺」です。お楽しみに!
地理人(今和泉 隆行)さんのプロフィール
ゼンリンからのお知らせ
イメージ画像

Gorilla 専用バージョンアップキット「JAPAN MAP」シリーズ
10月31日(金)まで! ZENRIN Storeで割引キャンペーン中!

従来のメディア版に加え、ダウンロード版も登場したJAPAN MAP14シリーズ。
メディア版は、今なら通常価格より【10%OFF】でお求めいただけます。
秋のドライブは最新の地図情報で快適にお楽しみください。

詳細はこちら
ゼンリン公式Twitterアカウントゼンリン公式Facebookページ
※このメールはHTMLメールです。インターネットに接続した状態でご覧ください。
※このメールは送信専用メールアドレスから配信しているため、ご返信いただいてもご返答することができません。
※配信停止・送信先の変更をご希望の方は、以下のお手続きをお願いします。
  なお、配信停止を行うと、優待販売のご案内等を含めたすべてのメール配信が停止します。ご注意ください。
  こちらからログイン後「会員情報の変更」にて設定をご変更ください。
メールマガジンに対するご意見・ご感想はこちら
弊社サイトを装ったウェブサイトにご注意ください
ZENRIN Store  | ゼンリンメールマガジン特集  |  商品・サービスに関するお問い合わせ  |  個人情報保護方針
ZENRIN Maps to the Future 発行:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 株式会社ゼンリン
Copyright (C) ZENRIN CO., LTD. All Rights Reserved. このメールの無断転載を禁じます