ZENRIN Maps to the Future
ゼンリンメールマガジン for Hobby
2014年11月26日配信
ゼンリン特集
地理人コラム
ゼンリンからのお知らせ
vol.8
11月も残すところあとわずか。1年の時が経つ速さを感じる季節になりました。冷え込みも厳しくなってきましたが、日本の晩秋ならではの風景を探す旅や散策に出かけてみてはいかがでしょう。
ゼンリン特集
写真:特集
誰でも使える体験版もリリース中!『ゼンリン電子地図帳Zi17』
12月12日(金)、PCインストール型電子地図ソフトの最新版『ゼンリン電子地図帳Zi17』が発売となります。

1998年の発売以降、毎年更新を重ねてきた『Zi』シリーズも17作目。ネット環境に左右されず、いつでもどこでも、「もしも」の時にも地図情報をフル活用することができる、完全インストール型電子地図として好評を得てきました。

『ゼンリン電子地図帳Zi17』では、地図情報を更新。2014年4月までの市町村合併に対応しています。市街地図(約1/1,000縮尺相当)は、1,295都市を収録。住所や建物の名称などがわかる詳細な市街地図は『Zi』シリーズの特長のひとつです。

さらに今回、皆様に『ゼンリン電子地図帳Zi17』の使用感を体験していただくために、一部地図データや機能をご利用いただける体験版のダウンロードが始まりました。

体験版では、東京23区周辺の道路地図や、新宿駅周辺・東京駅周辺の市街地図を収録しています。東京都に限り、詳細な住所検索も可能です。

まずご覧いただきたいのは、ゼンリン独自の調査をもとにした詳細な市街地図。地図の色は、11種類の設定から選択することができます。道路を強調したものや、駅や鉄道を強調したものなど、ニーズに応じて使い分けることができ、ビジネスに合わせて活用できます。地図上に書き込みをする場合は、白地図表示が便利です。

その他、地図のさまざまな表示のしかたや多彩な印刷機能など、体験版でご利用いただける機能を、活用シーンを交えながらご紹介します。

インストールタイプで機能充実&スピーディー最新版『ゼンリン電子地図Zi17』詳しくはこちら
『ゼンリン電子地図帳Zi17』体験版ダウンロードはこちら
 
  メルマガ会員おすすめ!季節を楽しむスポット紹介!
  季節を楽しむスポット写真募集中!
おすすめスポット写真応募はこちら
※必ず上記「おすすめスポット写真応募はこちら」からご応募下さい。
地理人コラム
地図を読み解くおもしろさ~空想と現実と~ 空想地図制作の裏側「傾斜の表現」
等高線を読み取る
建物の少ない山林であれば、等高線の粗密でその様子が分かります。等高線が密であればあるほど傾斜は急です。
その中でも川が流れるのは谷や低い土地で、谷に平野がある場合は、人が住み、道ができます。一方、谷も急峻で平野がない場合は、僅かな人家も山の上にあり、道路が山の中腹を通ることもあります。

地図画像
この空想地図では、川沿いに少々の平地があります。ここから図の下の方向、傾斜の強い方向に進む黄色い道は、峠越えの道です。
名前から傾斜地を読み取る
一方で、都市部では道も建物も多く、地図上からは傾斜が読み取りにくくなります。
また、都市地図では等高線が描けれない場合もあります。それでも傾斜を読み取る方法はあります。

地図画像
等高線からも坂を読み取ることができますが、さらに簡単な読み方があります。「坂」という文字です。
坂の名前が書いてない地図でも、交差点名やバス停の名前に「坂」が入っていることがあります。この地図では、「黒礎坂上」を含む右側が坂の上、左側が坂の下になります。
道路から傾斜地を読み取る
上の地図で、他にも傾斜を読み取れるポイントが2つあります。1つは道路の形です。黄色い道路が大きく湾曲してる所が斜面です。特に幹線道路では、傾斜を和らげるためにカーブを描くことがあります。

もう1つは、小道の道路網です。斜面が急なところは、多くの場合は道路網の空きができます。上の地図の点線部分でも、特に太い線の部分は空きが多いのが分かります。
地図画像
こちらは、道路は湾曲していないものの、幹線道路の立体交差と、小道の空きが見られます。ここからも傾斜を読み取ることができますが、その証拠に階段も見られます。
読み取りにくい傾斜
しかし、時には傾斜が読み取りにくい場合もあります。制作中の空想地図上にはありませんが、現実にはいくつか例があります。
地図画像
1つはこちら、函館市街地です。函館といえば観光地として知られ、坂の町としても知られています。とはいえ、地図を見る限りは、道路のカーブも空きもなく、むしろ規則的で、坂があるようには見えません。しかし、実際には、函館山を控える南から、海のある北に向かって、南北に貫く道路は急な坂になっています。
地図画像
同様に、傾斜の多い街として知られるのが神戸です。こちらは北(上)が山、南(下)が海で、標高は北が高く、坂になっています。こちらは道が格子状ながらも、中の小さな道が曲線を描いています。平地ならば中の道も直線であることが多いので、こちらは少々傾斜を読み取りやすいかも知れません。

しかし、札幌市の羊ヶ丘展望台付近は、なかなか難解です。道路は規則的に、縦横無尽に伸びていて、平地のようですが、実際には傾斜があります。展望台があるのはその証拠です。このことは等高線が描かれた地図からしか読むことができません。
地図画像
図を見て傾斜を想像し、実際に行って確かめる・・・これを繰り返すと、ただの坂道も、少し広がって見えてきます。私も実際にこれを繰り返しながら、空想地図を描いています。

次回は、街の見方・読み方「お店が多い場所を読み取る」です。お楽しみに!
地理人(今和泉 隆行)さんのプロフィール
ゼンリンからのお知らせ
イメージ画像

貴重で魅力的な地図を自由に閲覧。
「ゼンリンバーチャルミュージアム」ついに公開!

ゼンリンが所蔵する史料約8,000点の中から、厳選した貴重な史料220点をデジタルアーカイブした
ウェブサイトを11月4日(火)に公開しました。
1500年代後半に描かれた、繊細で美しい表現が特徴の「アジア新図」や、高度経済成長期を迎えた東京を描いた地図などがご覧いただけます。

詳細はこちら
ゼンリン公式Twitterアカウントゼンリン公式Facebookページ
※このメールはHTMLメールです。インターネットに接続した状態でご覧ください。
※このメールは送信専用メールアドレスから配信しているため、ご返信いただいてもご返答することができません。
※配信停止・送信先の変更をご希望の方は、以下のお手続きをお願いします。
  なお、配信停止を行うと、優待販売のご案内等を含めたすべてのメール配信が停止します。ご注意ください。
  こちらからログイン後「会員情報の変更」にて設定をご変更ください。
メールマガジンに対するご意見・ご感想はこちら
弊社サイトを装ったウェブサイトにご注意ください
ZENRIN Store  | ゼンリンメールマガジン特集  |  商品・サービスに関するお問い合わせ  |  個人情報保護方針
ZENRIN Maps to the Future 発行:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 株式会社ゼンリン
Copyright (C) ZENRIN CO., LTD. All Rights Reserved. このメールの無断転載を禁じます