ZENRIN Maps to the Future
ゼンリンメールマガジン for Hobby
2015年1月28日配信
ゼンリン特集
地理人コラム
ゼンリンからのお知らせ
vol.11
2015年が幕を開け、すでにもうすぐ一か月が経とうとしています。冷え込みが厳しい昨今ではありますが、温泉など冬ならではのレジャーやあったかグルメを目指して、日々アクティブに過ごしてくださいね。
ゼンリン特集
写真:特集
ZENRIN Storeにてバックナンバーの販売開始!『道の駅 旅案内全国地図』
発売開始から、「道の駅」巡りの定番ロングセラーとして好評いただいている『道の駅 旅案内全国地図』。全国津々浦々の「道の駅」情報とロードマップに加え、毎年さまざまな特集テーマを設けて誌面を作り、発行を重ねてきました。

その中で、多くのお客様から「バックナンバーがほしい」というご要望いただいたことから、ZENRIN Storeにてバックナンバーの販売を始めています。

たとえば、平成20年度版。その特集テーマは「にっぽん絶景の旅」でした。風光明媚な道の駅50選や、風景写真家が選ぶ「絵になる風景」など、道の駅周辺の絶景を写真と共に紹介しています。ロードマップ上にも、約600か所の絶景ポイントを表記。ロードマップを眺めているだけで行きたくなる“絶景”にフォーカスした一冊となっています。

平成21年度版の特集テーマは「ふるさとに癒される」。郷土の食材や 料理を徹底調査した「道の駅で買える地産食材」や味わいレシピを紹介しているほか、完全保存版の特別付録「ふるさとを愛でる」もついています。ロードマップ上では、「ふるさとを楽しめる」お祭りや風景など約650か所のポイントを紹介しています。

特集は、風景や歴史的景観、その土地に古くから根付いている食文化など、時代を経てもなかなか変わらない“モノ”や“コト”をテーマにしていますので、今ご覧いただいても十分にドライブに役立つ情報となっています。

上記の他にも、「自然の中で咲き誇る花を見るのが好き」「歴史・グルメ・お土産など“ご当地もの”が好き」など、ニーズごとにバックナンバーを紹介していますので、ぜひご一読ください。

※すでに在庫切れの年度版もございます。在庫状況はZENRIN Storeにてご確認ください。
ZENRIN Storeにてバックナンバーの販売開始!『道の駅 旅案内全国地図』
 
  メルマガ会員おすすめ!季節を楽しむスポット紹介!
  季節を楽しむスポット写真募集中!
おすすめスポット写真応募はこちら
※必ず上記「おすすめスポット写真応募はこちら」からご応募下さい。
地理人コラム
地図を読み解くおもしろさ~空想と現実と~ 地図の見方・読み方「縮尺編3:道幅」
道幅が縮める縮尺
道幅は、どの縮尺の地図でも分かる訳ではありません。それこそ、長距離ドライバーが見る「道路地図」は、小さな道が省略されているだけでなく、幹線道路(国道、県道等)を強調するため、太く描きがちです。

実際に地図を見てみましょう。東京都杉並区の、広範囲を示した(縮尺の小さい)地図です。
地図はこちらから

六角形の数字は都道府県道ですが、図中の永福町駅付近にある都道427、428号線は、それなりに太く描かれています。一方で、小さな道は省略されています。実際にこの都道は太いのでしょうか。拡大した(縮尺の大きい)地図を見てみましょう。
地図はこちらから

こうして見ると、2つの都道の道幅は、周辺の小さな生活道路とほとんど変わらないことが分かります。
道幅による風景の違い
以前にも当メールマガジンで、新道(バイパス)と旧道の違いを紹介しました。広い道は車の通行が多く、駐車場を持つ大きな店舗が多い一方で、狭い道は近隣住民の生活道路となっているため、古くからの小さい店舗が並ぶ傾向にあります。

それでは今回は、新道や旧道と呼ばれる幹線道路ではなく、通りの名称もない生活道路の網目を見ていきましょう。今度は、大阪市中央区、谷町付近の地図です。まずは、広範囲を示した(縮尺の小さい)地図です。
地図はこちらから

「谷町6」交差点の付近を見てみましょう。周辺にはただ、似たような格子状の道路が広がっているように見えます。それでは拡大した(縮尺の大きい)地図を見てみましょう。
地図はこちらから

谷町六丁目駅の南側一帯だけ、その周囲とは様子が違います。ここだけ少々色が濃くなっています。もう少し拡大してみましょう。
地図はこちらから

道の太さが明らかに違うのが分かります。また、建物の大きさも違います。谷町六丁目付近の建物は小さく、実際には民家が並んでおり、木造の住宅地が密集しています。それを象徴するように商店街もあり、生活に必要なものはひと通り揃います。街では高齢者を多く見かけますが、空いた長屋をリノベーションした住宅や店舗が増えており、若い人も見かけます。

一方で、その外側、道の太い一帯は建物も大きく、その多くは雑居ビルやマンションで、住居以上に中小事業所を多く見かけます。こうした事業所や単身者向けマンションの多い、広い道路の区画は全国的に、大都市の市街地に見られる風景です。

道幅を見るだけでも、街並みや、そこでの生活、住む人の様子も見えてきます。街の様子を知りたいとき、地図を拡大してみるのはいかがでしょうか。
次回は、空想地図制作の裏側「これから宅地開発されるところ」です。お楽しみに!
地理人(今和泉 隆行)さんのプロフィール
ゼンリンからのお知らせ
イメージ画像

ゼンリン電子地図帳Zi17「活用ガイド」を更新!
編集機能やデータ展開機能の便利な使い方をステップにご紹介。

 地図上にコメントや図形を書き込める「編集機能」とCSVファイルなどを
 取り込む「データ展開機能」から、よく使う操作方法をピックアップ。

 あわせて「活用例」ページも更新しました。
 プレイベートやビジネスでゼンリン電子地図帳Zi17を使うシーンを紹介しています。

詳細はこちら
ゼンリン公式Twitterアカウントゼンリン公式Facebookページ
※このメールはHTMLメールです。インターネットに接続した状態でご覧ください。
※このメールは送信専用メールアドレスから配信しているため、ご返信いただいてもご返答することができません。
※配信停止・送信先の変更をご希望の方は、以下のお手続きをお願いします。
  なお、配信停止を行うと、優待販売のご案内等を含めたすべてのメール配信が停止します。ご注意ください。
  こちらからログイン後「会員情報の変更」にて設定をご変更ください。
メールマガジンに対するご意見・ご感想はこちら
弊社サイトを装ったウェブサイトにご注意ください
ZENRIN Store  | ゼンリンメールマガジン特集  |  商品・サービスに関するお問い合わせ  |  個人情報保護方針
ZENRIN Maps to the Future 発行:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 株式会社ゼンリン
Copyright (C) ZENRIN CO., LTD. All Rights Reserved. このメールの無断転載を禁じます