ZENRIN Maps to the Future
ゼンリンメールマガジン for Hobby
2015年6月25日配信
ゼンリン特集
地理人コラム
ゼンリンからのお知らせ
vol.16
冬と同じくらい、今も“夏が待ち遠しい季節”ですよね。
さんさんと降り注ぐ夏の日差しをイメージしながら、夏をたっぷり楽しむための準備を始めてはいかがですか?
ゼンリン特集
数字で見るまちの変化「JAPAN MAP 15」 イメージ
1年間で増えたもの?減ったもの?数字で見るまちの変化「JAPAN MAP 15」
海や山、祭りや花火など、多種多彩な楽しみが山盛りの夏。

快適なドライブを満喫いただくために、7月1日(水)より、Gorilla専用ナビソフトドライブマップの最新版「JAPAN MAP 15」のダウンロード版販売と、メディア版の予約がスタートします。

そこで今月は、前バージョンの「JAPAN MAP 14」から「JAPAN MAP 15」にかけて、様々な「施設」の増減数をご紹介します。1年間というと短く感じる方もいらっしゃると思いますが、街は大きく変化しています。

施設の数はどう変わった?数字で見る「JAPAN MAP15」収録情報
普段の暮らしの中ではなかなかピンとこないものですが、コンビニエンスストアは、1年間で約2,500ヶ所も増加しています。その一方で、ガソリンスタンドは約560ヶ所も減少。「どこでガソリンを入れるか」は、ドライブ中に考えるべき重要な事柄ですが、お目当てにしていたガソリンスタンドが「ない!」となると、かなり焦りますよね。

その他、Webでは「ショッピングセンター」や「道の駅」、「駐車場」、「ファミリーレストラン」の増減数をご紹介しています。

また、1年間で登場した「アミューズメント感覚で楽しめる、ドライブで出かけたい新名所」も併せてご紹介していますので、ぜひとも夏のドライブの参考にしていただきたいと思います。

数字で見る「JAPAN MAP 15」収録情報はこちら
 
  メルマガ会員おすすめ!季節を楽しむスポット紹介!
  季節を楽しむスポット写真募集中!
おすすめスポット写真応募はこちら
※必ず上記「おすすめスポット写真応募はこちら」からご応募下さい。
地理人コラム
地図を読み解くおもしろさ~空想と現実と~ 地図から見えること「団地の変化」
1950〜60年代の団地
高度経済成長期がはじまり、大都市圏では住宅不足が深刻化し、団地が造成され始めた頃です。現在残っていれば建物は築50年を超えますが、その多くはここ10年の間に建て替えられ、現存しないものがほとんどです。 埼玉県草加市の草加松原団地は、入居開始は1962年ですが、現在建て替えが進行中です。地図からは、まだ建て替えが行われていない建物が見えますが、小さい長方形の形状の建物が規則的に配置されています。 千葉県松戸市の常盤平団地はそれより少々古く、入居開始は1959年です。こちらも長方形の建物が配置されていますが、地図の中央部に三角形に近い形状の建物もあります。こちらはスターハウスと呼ばれます。 なお、地図からは分かりませんが、この年代の団地は平屋から5階建ての建物が多く、エレベーターはないことがほとんどです。

草加松原団地 常磐平団地
1970〜80年代の団地
1960年代から70年代にかけて、首都圏では多摩ニュータウン、京阪神では千里ニュータウン、中京圏では高蔵寺ニュータウンなどの大規模ニュータウンの造成が進みました。 神戸市を代表する須磨ニュータウン・落合団地(1978年入居開始)は、建物の大きさは変わりませんが、曲線状の道路が多く、その曲線に沿うように建物が配置されていることが分かります。 また、この頃、団地の建物の大きさも形状も多様化します。とりわけ多摩ニュータウンでは多様な建物作りの模索が行われました。東京都稲城市の多摩ニュータウン・向陽台(1988年入居開始)は、直線的ではありながら大きく複雑な(単なる長方形ではない)形状の建物が連なっているのが分かります。

須磨ニュータウン・落合団地 多摩ニュータウン・向陽台
1990年代以降の団地
この頃から公団(その後のUR)と民間企業の連携で、公団の開発エリア内でも民間業者が宅地分譲をする例も増えてきました。時代が変わっても、長方形の建物が建てられる場合もありますが、その形は多様になります。その中でも、細長くない(正方形や円形に近い)建物が出てくるのも1990年代以降です。多摩ニュータウンの若葉台(1999年居住開始)、東京都中央区の大川端リバーシティ21(1989年居住開始)の地図からはその形が読み取れます。地図からは読み取れませんが、こうした建物は高層で、おおよそ15〜50階建前後になります。

多摩ニュータウン・若葉台 大川端リバーシティ21

地図を見ても、なんとなく一様に見えがちな集合住宅ですが、形や大きさの違いから、年代や団地の雰囲気の違いも匂ってきそうです。次回は、地図から見えること「観光地にあるもの」です。お楽しみに!

※地図画像はすべて、ゼンリン電子地図帳Ziシリーズから取得しています。

地理人(今和泉 隆行)さんのプロフィール
ゼンリンからのお知らせ
イメージ画像

株主優待制度をぜひご利用ください

6月19日(金)から株主優待のお申し込みの受付をはじめました。
対象の方には、6月18日(木)の株主総会後に郵送で案内をしておりますので、ぜひご確認ください。

株主優待制度の詳細はこちら

第55回株主総会の様子と動画はこちら

イメージ画像

お問い合わせ受付業務と公式オンラインショップ「ZENRIN Store」の商品発送業務休止について

7月10日(金)はシステム調整のため、お問い合わせ受付業務および、ゼンリン公式オンラインショップ「ZENRIN Store」の商品発送業務を休止させていただきます。

詳細はこちら
ゼンリン公式Twitterアカウントゼンリン公式Facebookページ
※このメールはHTMLメールです。インターネットに接続した状態でご覧ください。
※このメールは送信専用メールアドレスから配信しているため、ご返信いただいてもご返答することができません。
※配信停止・送信先の変更をご希望の方は、以下のお手続きをお願いします。
  なお、配信停止を行うと、優待販売のご案内等を含めたすべてのメール配信が停止します。ご注意ください。
  こちらからログイン後「会員情報の変更」にて設定をご変更ください。
メールマガジンに対するご意見・ご感想はこちら
弊社サイトを装ったウェブサイトにご注意ください
ZENRIN Store  | ゼンリンメールマガジン特集  |  商品・サービスに関するお問い合わせ  |  個人情報保護方針
ZENRIN Maps to the Future 発行:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 株式会社ゼンリン
Copyright (C) ZENRIN CO., LTD. All Rights Reserved. このメールの無断転載を禁じます