ZENRIN Maps to the Future
ゼンリンメールマガジン for Hobby
2016年2月25日配信
ゼンリン特集
地理人コラム
ゼンリンからのお知らせ
vol.24
ゼンリンメールマガジン for Hobbyについてお客様の声をお聞かせください!2016年3月13日(日)まで アンケートに回答する
寒い日が続いていますが、ときおりポカポカとした小春日和もあったりと、わずかながら春が近づいてくるのを実感できる季節になりました。 猫が気持ちよさそうに日向ぼっこしているのを見ると、なんとも微笑ましい気持ちになりますよね。 今月は、そんな“猫”にまつわる特集です。
ゼンリン特集
1度は行ってみたい!居るだけで癒される”ねこの街“ イメージ
1度は行ってみたい!居るだけで癒される”ねこの街“
いま、“ねこブーム”が到来しています。書店には趣向を凝らしたねこの写真集が並び、インターネットの動画サイトでも、ねこの動画は大人気。たくさんのねこと過ごせる“ねこカフェ”や、ねこがたくさんいることで観光地化しているスポットがあったりと、様々なシーンで“ねこブーム”を実感することができます。

そこで今月は、その場にいるだけで癒されるような、全国津々浦々の“ねこの街”をマップでご紹介します。

ひとえに“ねこの街”といっても、港や集落にたくさんのねこが暮らしている島や、のんびりとした日本ならではの風景にねこが溶け込む街など様々です。

たとえば「尾道(広島県尾道市)」。海を見渡せる“坂の街”尾道には、のんびりくつろぐねこの姿がよく似合います。また、ねこの足跡がついた路地「猫の細道」や、約3000体もの招き猫が展示されている招き猫美術館も人気のスポット。さらに、絵師の園山春二さんが丸い石に猫を描いた、かわいらしい「福石猫」が尾道の街に888体、点在しています。「ここにもあった!」と探しながら散策を楽しめるとあって、猫好きにはたまらない街といえそうです。

その他、特集ページでは、地域に住まうねこ達を撮影するコツもご紹介しています。ぜひ参考にして、小春日和の休日にお出かけください。

1度は行ってみたい!「居るだけで癒される”ねこの街“」詳しくはこちら
 
  メルマガ会員おすすめ!季節を楽しむスポット紹介!
  季節を楽しむスポット写真募集中!
おすすめスポット写真応募はこちら
※必ず上記「おすすめスポット写真応募はこちら」からご応募下さい。
地理人コラム
地図を読み解くおもしろさ~空想と現実と~ 空想地図制作の裏側「都市計画による対比」
都市がどのように変化するかは、地形やそこに住む人々の志向だけでなく、こうした都市計画も大きく影響していきます。こうした事情を咀嚼して、行政、あるいは都市計画家(有名なのは関東大震災後の東京の復興計画を作った後藤新平)の意思で、それぞれ区域ごとに用途を特化し、交通網(道路等)や公共用地(公園等)を整えていきます。
ニュータウンと市街化調整区域
多くのニュータウンは、未開発な原野や丘陵部の、決められた区域内を開発して造成されます。そのため、開発された区域は住宅が密集しますが、その区域外は原野や丘陵が残ります。そのコントラストは、地図を見ると鮮やかです。赤い道路から左下はニュータウン開発を行わない「市街化調整区域」(市街化を抑制する区域)です。
地図1
住宅地と工業地域
多くの人の需要を満たすには、それだけの供給を叶える生産設備、工場もまた重要です。しかし住宅地と混在すると、排気、排水や操業音が住環境に悪影響を及ぼすこともあり、特に住宅地と工業地域は明確に分けられます。この地図の下半分は工業地域、上半分は準工業地域(環境影響のない工場と住居が混在する地域)です。
地図2
他に、商業施設も住環境を害するものとしてとらえられ、市街地近くにまとまった「商業地域」が設定されます。

なお、都市計画は、無秩序な開発を抑制し、バランスのとれた都市環境をデザインするもので、災害対策も含まれています。一方で、計画によって規制され、画一的な景観を生み出し、それまでの貴重な景観を失う場合もあります。都市計画はあるものの、適用されないまま数十年の時が経つところも多く、合意形成の難しさがうかがえます。
区画整理
「区画整理」は、昨年2月号でも取り上げましたが、住宅地として整然とした街路を造成する動きです。下の地図では、左3分の2には、縦横に等間隔の道路網が広がり、一定の間隔で広い幅の道路もあります。しかし、地図の右3分の1は、道路も細く、間隔も一定ではありません。道路がない所も多く、そこに住宅ができると、行き止まりの道路が伸びます。このまま住宅が増加すると、公共サービスの波及や防災の面でリスクが高いのですが、こうした問題を解決するため区画整理が行われます。
地図3
公共用地が増えるぶん、私有地は減りますが、地価の上昇で資産価値を下げない仕組みです。一方で、区画整理は機械的、画一的で単調な景観を生みがちです。人々の営みが感じられる、区画整理前の風景にも、また良さを感じさせられます。そんな対比を感じながら、地図を見てみるのもおもしろそうです。

次回は、都市の歩き方「廃線のその後」です。お楽しみに!
地理人(今和泉 隆行)さんのプロフィール
ゼンリンからのお知らせ
イメージ画像

「道の駅 旅案内全国地図 平成28年度版」3月3日(木)発売

今年は、道の駅から訪ねる“にっぽんの美しい風景”がテーマです。
日本には四季折々の絶景を楽しめるスポットがたくさんあります。
それらを巡るドライブコースを「100ルート」厳選。
“来てよかった!”と思える絶景旅を提案します。
新たにできた道の駅39ヶ所を含め、全国1079ヶ所すべての道の駅のイチ押しポイントや
おススメのグルメなどもきっちり反映。

新たな季節、この一冊で、おでかけの計画を立ててみてはいかがでしょうか。

ZENRIN Storeではご予約も受付中!
ゼンリン公式Twitterアカウントゼンリン公式Facebookページ
※このメールはHTMLメールです。インターネットに接続した状態でご覧ください。
※このメールは送信専用メールアドレスから配信しているため、ご返信いただいてもご返答することができません。
※配信停止・送信先の変更をご希望の方は、以下のお手続きをお願いします。
  なお、配信停止を行うと、優待販売のご案内等を含めたすべてのメール配信が停止します。ご注意ください。
  こちらからログイン後「会員情報の変更」にて設定をご変更ください。
メールマガジンに対するご意見・ご感想はこちら
弊社サイトを装ったウェブサイトにご注意ください
ZENRIN Store  | ゼンリンメールマガジン特集  |  商品・サービスに関するお問い合わせ  |  個人情報保護方針
ZENRIN Maps to the Future 発行:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 株式会社ゼンリン
Copyright (C) ZENRIN CO., LTD. All Rights Reserved. このメールの無断転載を禁じます