ZENRIN Maps to the Future
ゼンリンメールマガジン for Hobby
2016年3月29日配信
ゼンリン特集
地理人コラム
ゼンリンからのお知らせ
vol.25
つい先日、北海道新幹線が開通しました。
北国の春はまだちょっと先となりますが、暖かくなるにつれて、いろんなところへ出かけてみたい気持ちがだんだんと湧きおこってくるものですよね。
今月は、日本全国の“新幹線”にまつわる特集をお届けします。
ゼンリン特集
新幹線でつながる日本!北へ南へ旅しよう! イメージ
新幹線でつながる日本!北へ南へ旅しよう!
3月26日(土)、北海道新幹線がデビューを飾りました。新青森~新函館北斗間が開通し、東京~新函館北斗間を最速4時間2分で結びます。東海道新幹線の開通からおよそ半世紀を経て、ついに新幹線が北の大地に上陸したことになります。

北海道新幹線が通過する青函トンネルは、全長53.9㎞。鉄道が走るトンネルの長さとしては、世界一を誇ります。

日本の新幹線のトンネルの長さでは、2位が八甲田トンネルで26.5㎞、3位が岩手一戸トンネルで25.8km。つまり東京から新函館北斗まで向かうと、日本の鉄道トンネルの長さTOP3をいっぺんに踏破できることになります。

今月は、こうした新幹線にまつわる雑学をいくつかお届けするほか、全国を走る新幹線マップを掲載しています。新幹線の路線図は、JR各社の管轄ごとに作成されるケースが多いため、すべての新幹線とその停車駅が網羅されたマップは意外と珍しいかもしれません。

各路線は開業した年代ごとに色分けしていますので、どのように新幹線網が広がって、北海道から鹿児島までつながったのか、ひと目でわかるようになっています。ぜひご覧ください。
新幹線でつながる日本!「北へ南へ旅しよう!」詳しくはこちら
 
  メルマガ会員おすすめ!季節を楽しむスポット紹介!
  季節を楽しむスポット写真募集中!
おすすめスポット写真応募はこちら
※必ず上記「おすすめスポット写真応募はこちら」からご応募下さい。
地理人コラム
地図を読み解くおもしろさ~空想と現実と~ 都市の歩き方「廃線のその後」
バス専用道(BRT)
地図1

※画像クリックで拡大表示します

日立電鉄線は、2005年に廃線となり、現在は廃線区間の一部、大甕(おおみか)駅~旧久慈浜駅間にバス高速輸送システム(BRT)が整備され、バス専用道となっています。地図中の明るい部分がバス専用道ですが、周辺の多くの道路と交差しません。地図の左下で太い道路と重なりますが、これはもともと踏切があった跡でしょう。地図の上部にも道路と重なるところがありますが、よく見ると立体交差です。鉄道が廃止されてそこまで時間が経っていないこともあり、鉄道が走っていた痕跡が強く残っています。 全国に廃線を利用したバス専用道は多々ありますが、その数は少しずつ減少しています。地方では、保守コストの解消のため廃止される例が多く、大都市部では、交通渋滞解消のため一般道として整備される場合もあります。
自動車道(サイクリングロード)
地図2
※画像クリックで拡大表示します
筑波鉄道筑波線は、1987年に廃線になった後、廃線跡は現在サイクリングロードとなっています。関東平野のため自転車で走りやすく、筑波山を眺めながら走ることができるのも魅力です。地図の中心は旧筑波駅前ですが、鉄道がない今でも、駅前は道路が広くなっている駅前広場があり、商店や旅館が集中しています。バスの起終点(筑波山口バス停)でもあり、こうした様子からも「駅前」であった痕跡が感じられます。大都市から過疎地まで、廃線が整備される場合は、このように遊歩道やサイクリングロードになることがほとんどです。
幹線道路
地図3
※画像クリックで拡大表示します
JR筑肥線は、福岡市と佐賀県唐津市、伊万里市を結ぶ現存の鉄道路線です。1983年、博多~姪浜間で、現在の地下鉄空港線が全線開通し、その区間と並行していた筑肥線の博多~姪浜間は廃線となりました。この廃線跡はしばらく空き地でしたが、後に幹線道路「筑肥新道」として整備されます。地図を見ると、さきほどの日立電鉄線跡とは異なり、多くの道と交わり、沿道にはスーパーや病院も立地しています。線路沿いの多くは、建物も背を向け、店舗も立地しませんが、ここは、廃線後の人口増と区画整理、そして筑肥新道の整備により、全く廃線であることを感じさせない、人通りの多い大通りとなっています。
区画整理
地図3
※画像クリックで拡大表示します
最後に、変わり種は静岡県浜松市、遠州鉄道の旧線です。現在はJR浜松駅の西側、新浜松駅が起点となっていますが、以前は浜松駅の北東寄りにありました。500m東の遠州馬込駅でスイッチバックしてから北に進むルートでしたが、1985年に高架化され、現在のルートとなると、スイッチバックしていた旧線は廃線となりました。その後付近は区画整理され、鉄道があった頃の痕跡は全く追えなくなっています。同じ区画整理でも、筑肥線跡のように廃線が幹線道路になる場合もあれば、遠州鉄道跡のように完全に痕跡が消滅する場合もあります。他にも仙台駅東口の旧仙石線跡も、徐々に旧線跡の痕跡が辿れなくなりつつあります。

いかがでしょうか。廃線ひとつ取っても、その後の様子は千差万別です。それでは4月以降もよろしくお願い致します。次回もお楽しみに!
※地図画像はすべていつもNAVI(WEB)から取得しています。
地理人(今和泉 隆行)さんのプロフィール
ゼンリンからのお知らせ
ONLINE STOREイメージ画像

明治期の国際港湾都市「門司港」の古地図を発売!
〜大判古地図で当時の日本を楽しもう〜

かつて国際貿易の重要拠点の1つとして栄華を誇った街・門司港。
その歴史と社会・経済的位置を考えるうえで、極めて興味深い内容を含んだ1枚を、
ZENRIN Storeで取り扱っています。
明治期の他の門司港の地図とは一線を画すユニークな特長とは…?

・日本國門司港湾案内(明治期)
・九州大学大学院・遠城教授による解説書付き
・554mm×407mm

「日本國門司港湾案内(明治期)」の詳細はこちら
ZENRIN Store 古地図ラインナップはこちら
ZENRINイメージ画像

新生活にも使える!ゼンリン住宅地図プリントサービス

春は始まりの季節。転勤で新天地に赴く方、ご家族が進学や就職で引っ越しをする方もいらっしゃることでしょう。
“引越先や転勤先の近くには、どんなお店がある?”
“ご挨拶や地域活動のために、周りのお宅の名前を知りたい!”
そんな時、現地の地図を事前に入手できる「ゼンリン住宅地図プリントサービス」が便利です。

・一般的なウェブサイトの地図では分からない建物名・居住者名・番地までを詳しく表記!
・必要なエリアだけ、一枚300円(税込)!
・コンビニのマルチコピー機で、24時間・365日利用できる!

ぜひご家族やご友人にも教えてあげてくださいね。

ゼンリン住宅地図プリントサービスの詳細はこちら
ゼンリン公式Twitterアカウントゼンリン公式Facebookページ
※このメールはHTMLメールです。インターネットに接続した状態でご覧ください。
※このメールは送信専用メールアドレスから配信しているため、ご返信いただいてもご返答することができません。
※配信停止・送信先の変更をご希望の方は、以下のお手続きをお願いします。
  なお、配信停止を行うと、優待販売のご案内等を含めたすべてのメール配信が停止します。ご注意ください。
  こちらからログイン後「会員情報の変更」にて設定をご変更ください。
メールマガジンに対するご意見・ご感想はこちら
弊社サイトを装ったウェブサイトにご注意ください
ZENRIN Store  | ゼンリンメールマガジン特集  |  商品・サービスに関するお問い合わせ  |  個人情報保護方針
ZENRIN Maps to the Future 発行:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 株式会社ゼンリン
Copyright (C) ZENRIN CO., LTD. All Rights Reserved. このメールの無断転載を禁じます