• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

2013年10月16日
株式会社ゼンリン

ゼンリンがゲームコンテンツの開発者を支援!
起業体験イベント「Startup Weekend」に協賛

 株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山善司 以下、ゼンリン)は、2013年10月18日(金)~10月20日(日)まで福岡市で開催される起業体験イベント「Startup Weekend for Game Contents 2013 in Fukuoka」(以下、Startup Weekend、主催:特定非営利活動法人Startup Weekend)に協賛し、ゲームコンテンツの開発に活用できる位置情報コンテンツを無償で公開します。

 Startup Weekendは、現在日本を含め世界約110カ国、470都市以上で開催されている起業体験イベントです。毎回100名を超える起業を目指す有志が集まり、その場でチーム作りをしながら金曜日の夜から日曜日までの限られた時間でアイデアを新規事業へと練り上げ、プレゼンテーションを行います。そのプレゼンテーションを起業支援の専門家などが審査し、その様子や内容がオープンに広まることで、実際の起業や資金調達のチャンスのある起業体験イベントです。今回のStartup Weekendは、ゲームコンテンツの開発で起業するというテーマで開催されます。

 ゼンリンは、ゲームなどの開発を手がける企業に、位置情報コンテンツを提供しています。このような取り組みを続けていく中で、位置情報コンテンツとエンターテイメントを融合させた新たなサービスの開発に可能性を感じており、この度の“ゲームコンテンツの開発で起業する”というStartup Weekendの開催趣旨に賛同し、協賛するに至りました。イベントの協賛を通じて、ゲームやアプリケーションの制作・開発者との新たな関係構築や、当社グループが提供する位置情報コンテンツの認知拡大を目指しています。

協賛概要

 WEBサービス、スマートフォンアプリ制作に便利な地図ASPサービス「いつもNAVI開発キット(API/CGI)」とゲーム開発プラットフォーム「Unity」で活用可能な3D地図データ「Walk eye Map」を参加者の方に自由にお使いいただけるよう、イベント期間限定で無償公開します。また、当社位置情報コンテンツを利用し制作いただいた作品の中から優れた作品を開発した方(個人または団体)を『ゼンリン賞』として表彰し、イベント終了後も引続きスタートアップの支援をします。

【ゼンリン賞】: (1)Android™搭載タブレット端末の贈呈
(2)当社の位置情報コンテンツの開発環境を無償で継続して利用できる権利の贈呈

Startup Weekendの概要

名称 Startup Weekend for Game Contents 2013 in Fukuoka
公式サイト http://startupweekend.jp/game/
開催日時 2013年10月18日(金)18:00~10月20日(日)21:00
場所 福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター
福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目17−1
(福岡県福岡東総合庁舎4・5階)
記載されている社名・商品名は、各社の登録商標、または商標です。

企業情報

新卒採用情報

ゼンリン早分かり

会社案内(冊子・動画)

The Evolution of Mapmaking/ゼンリンの地図づくり

企業に関するお問い合わせ - 住宅地図などの各種地図のソフトウェアなど地図に関連する商品を扱うゼンリンへのお問合せはこちらから。

ゼンリン地図の資料館 - 古今東西の地図に会える。伊能忠敬による、九州測量の起点「小倉・紫川の常盤橋」に位置し、故大迫 忍が収集したバラエティに富んだ地図を展示しております。

ゼンリン 陸上競技部 オフィシャルサイト

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader®をお持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。