• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

2014年1月9日
株式会社ゼンリン

世界最大級のゲームハッカソン『Global Game Jam 2014』に協賛
~ゼンリンが「東京お台場会場」を設置し、参加者に位置情報コンテンツを無償公開~

 株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山善司 以下、ゼンリン)は、2014年1月24日(金)~1月26日(日)まで日本全国約20箇所で同時開催されるゲームハッカソン「Global Game Jam 2014」(以下、Global Game Jam、主催:Global Game Jam社、協力:NPO法人IGDA日本)に協賛し、ゲームの開発に活用できる位置情報コンテンツを無償で公開します。更に、東京・お台場のコワーキングスペース(※1)「MONO」に「東京お台場会場」を設置し、参加者に開発環境を提供します。

協賛概要

 WEBサービスやスマートフォンアプリ制作に便利な位置情報コンテンツとして、地図ASPサービス「いつもNAVI開発キット(API)」と、ゲーム開発プラットフォーム「Unity(※2)」で活用可能な3次元地図データ「Walk eye Map」を参加者の方に自由にお使いいただけるよう、国内開催の全ての会場において無償公開します。

「東京お台場会場」の開催概要

名称 Global Game Jam 2014
会場 コワーキングスペース「MONO」 http://mono.jpn.com/
東京都江東区青海2丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟14F
ゆりかもめ「テレコムセンター駅」下車すぐ
日程

1月24日(金) 開場(17:00~)・テーマ発表・ゲーム開発
25日(土) ゲーム開発
26日(日) ゲーム開発・ゲーム公開(19:00まで)、無料懇親会(19:00~21:00)

募集人数 定員80名 参加費 当会場は無料
参加申し込み方法 右記URLにアクセス http://ggj2014-zenrin.peatix.com/

 ゼンリンは、ゲームなどの開発を手がける企業に、位置情報コンテンツを提供しています。このような取り組みを続けていく中で、位置情報コンテンツとエンターテイメントを融合させた新たなサービスの開発に可能性を感じています。今回、Global Game Jamの「開発者の成長支援」という趣旨に賛同し、位置情報コンテンツと開発環境を提供するに至りました。イベントの協賛を通じて、ゲームの開発者との新たな関係構築や、当社グループが提供する位置情報コンテンツの認知拡大を目指しています。

※1
コワーキングスペース:様々な業種、年齢の人々が集まり、仕事や、ノウハウやアイデアを共有して協働する場所のこと。
※2
Unity:全世界で200万人以上の開発者が使用している、インタラクティブな3Dコンテンツの制作用の革新的な開発プラットフォーム(ゲームエンジン)。
記載されている社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

[参考]

Global Game Jamについて

 2009年より開催、世界最大級のゲームハッカソンとしてギネスブックにも登録されたイベントです。全世界の300以上の会場で、同じ日に同じテーマで、ゲームハッカソンを開催。会場に集まったプロからアマまで多様な開発者たちがチームを結成し、3日間という限られた時間の中で、与えられたテーマに沿ったゲームを開発します。普段とは違う、新たな仲間と互いのスキルや特性を理解しながら一つの作品を開発する過程で、新しいチャレンジや斬新なアイデアの実験など、様々な挑戦ができるのが魅力です。
 また、開発した作品は、Global Game Jamサイト上で一般公開され、世界中の誰でもその作品を楽しむ事ができます。

当社が公開するコンテンツについて

地図ASPサービス「いつもNAVI開発キット(API)」

地図ASPサービス「いつもNAVI開発キット(API)」

 いつもNAVI開発キット(API)は、WEBサービスやスマートフォンアプリ制作に便利な地図ASPサービスです。
 地図の検索機能として「住所検索」や「郵便番号検索」、「ルート検索」や「施設検索」などのあらゆる検索機能を利用して、位置情報を活用したゲームの開発に利用できます。

3次元地図データ「Walk eye Map」

渋谷駅周辺の表示イメージ
渋谷駅周辺の表示イメージ

Unity上での利用イメージ
Unity上での利用イメージ

 Walk eye Mapは、歩行者やドライバーの視点に立ったリアルな3次元デジタル地図です。今回のGlobal Game Jamでは、サンプルデータとして「Unity」等の各種開発プラットフォームで利用可能な形式(FBX形式)のデータを公開します。

ゼンリンのこれまでのゲーム開発者支援の取り組み

 これまでに下記イベントに協賛し、当社位置情報コンテンツの無償公開や当社コンテンツの活用セミナーを行いました。

(1)「大八耐」

[開催日]2013年9月27日(金)~9月29日(日)
[主催]福岡工業大学短期大学部
[公開したコンテンツ]「いつもNAVI開発キット(API)」、「Walk eye Map」

活用セミナーの様子
活用セミナーの様子

多くの開発者が参加
多くの開発者が参加

 大八耐は、クリエイターやエンジニアが作品を制作する時間と場所を共有し、繋がるイベントです。ゲームやWebサービス、スマートフォンアプリなど様々なソフトウェア開発者をはじめ、CGや映像、メディアアート、クラフト等のデザイナーやクリエイターなど、「ものづくり」に関わる人々が一堂に集まり3日間で様々な作品を制作しました。
 当社は、無償公開する位置情報コンテンツの活用セミナーを開催し、ゲーム開発にも活用されました。

(2)「Startup Weekend for Game Contents 2013 in Fukuoka」

[開催日]2013年10月18日(金)~10月20日(日)
[主催]特定非営利活動法人Startup Weekend
[公開したコンテンツ]「いつもNAVI開発キット(API)」、「Walk eye Map」

参加者にコンテンツの活用をレクチャー
参加者にコンテンツの活用をレクチャー

多くの開発者が参加
多くの開発者が参加

 Startup Weekend for Game Contentsは、“ゲームコンテンツ”をテーマに、週末3日間で新規事業としてゲーム開発に挑戦する起業体験イベントです。「事業計画」「サービス検証(市場調査)」「プロトタイプ制作」まで起業に必要となる様々なプロセスを実践しました。
 最終日には、各チームが練り上げた新たなビジネスを発表し、当社位置情報コンテンツを利用してサービスを制作したチームの中から1チームに『ゼンリン賞』を贈呈しました。

企業情報

新卒採用情報

ゼンリン早分かり

会社案内(冊子・動画)

The Evolution of Mapmaking/ゼンリンの地図づくり

企業に関するお問い合わせ - 住宅地図などの各種地図のソフトウェアなど地図に関連する商品を扱うゼンリンへのお問合せはこちらから。

ゼンリン地図の資料館 - 古今東西の地図に会える。伊能忠敬による、九州測量の起点「小倉・紫川の常盤橋」に位置し、故大迫 忍が収集したバラエティに富んだ地図を展示しております。

ゼンリン 陸上競技部 オフィシャルサイト

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader®をお持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。