• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

2014年3月27日
株式会社ゼンリン

静岡県と「災害時における住宅地図製品の利活用に関する協定」を締結

 株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山 善司 以下、ゼンリン)は、静岡県(静岡県知事:川勝 平太 以下、静岡県)と、災害対応に役立つ、より実用性の高い地図情報の創出と利活用を目指し、「災害時における住宅地図製品の利活用に関する協定」を、2014年3月27日(木)に締結しました。
 ゼンリンが都道府県と災害に関する連携協定を締結するのは、静岡県が初めてとなります。

これまでの大規模災害におけるゼンリンの取り組み

 ゼンリンは、一刻も早い被災者の救援活動や被災地の復旧・復興活動に役立てていただくために、被災した自治体など公的機関に対し、住宅地図などを無償で提供してきました。そうした活動を通じ、災害発生から即時に住宅地図を利用できる環境を整備しておくことや、災害対応に役立つ、より実用性の高い地図をあらかじめ用意しておくことなど、被災された自治体が抱える課題を把握することができました。

静岡県との協定締結の経緯と目的

 静岡県は、駿河湾周辺を震源域とする東海地震の発生が切迫していることなどを考慮して、災害対策を講じている非常に防災・減災意識の高い県です。自衛隊や地方自治体を横断した防災訓練の徹底や、独自に「静岡県ふじのくに防災士」制度を設け県民の防災力向上に努めるなど、ハード面のみならず自助・共助・公助すべてのソフト面においても防災力を強化しています。
 今回の協定は、災害対応や復旧・復興活動における住宅地図の重要性に鑑み、災害発生時に静岡県が必要とする住宅地図製品を提供することや、平常時からゼンリンと静岡県が連携し、災害対応に役立つ実用性の高い住宅地図システムを共同研究し、防災・減災に資する地図づくりとその普及促進を図ることを目的としています。

静岡県との協定の概要

内容
1 災害対応用住宅地図システムの共同研究 災害対応に役立つ実用性の高い住宅地図システムを考案・開発するための共同研究
2 住宅地図配信サービス「ZNET TOWN」の提供(貸与)

平常時、災害発生時に関わらず、防災および災害対応業務に住宅地図配信サービス「ZNET TOWN」を利用できる環境を整備

1.
静岡県の全エリアが利用できる「ZNET TOWN」1IDを提供
3 地図複製利用許諾

災害発生時および災害を想定した訓練時に住宅地図を複製利用できる環境を整備

1.
静岡県の全エリアが利用できる「ZNET TOWN」で出力した地図を複製利用することを事前許諾
2.
静岡県所有の住宅地図帳を複製利用することを事前許諾

[参考] ゼンリンと地方自治体との災害支援に関する連携協定の締結状況(2014年3月26日現在)

1.
神奈川県横浜市(2013年9月締結)
4.
愛知県安城市(2013年11月締結)
7.
富山県朝日町(2014年2月締結)
2.
三重県熊野市(2013年9月締結)
5.
岩手県矢巾町(2013年12月締結)
3.
東京都稲城市(2013年10月締結)
6.
茨城県笠間市(2014年2月締結)

企業情報

新卒採用情報

ゼンリン早分かり

会社案内(冊子・動画)

The Evolution of Mapmaking/ゼンリンの地図づくり

企業に関するお問い合わせ - 住宅地図などの各種地図のソフトウェアなど地図に関連する商品を扱うゼンリンへのお問合せはこちらから。

ゼンリン地図の資料館 - 古今東西の地図に会える。伊能忠敬による、九州測量の起点「小倉・紫川の常盤橋」に位置し、故大迫 忍が収集したバラエティに富んだ地図を展示しております。

ゼンリン 陸上競技部 オフィシャルサイト

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader®をお持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。