• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

熱流体シミュレーション業務での活用例

設計段階から風の流れを見える化

3D都市モデルデータ上にBIMモデルを配置し、シミュレーションを行うことで、設計の早い段階から風の流れを見える化し、設計案に取り込むことが可能です。
高架下など入り組んだ場所における風速分布や、建物の高さ・面ごとの日射積算量分布など、平面では表現できない解析結果の可視化ができるため、建物内部設計や省エネ対策など幅広い分野に活用できます。

各種ソフトウェアでの活用例

FlowDesigner

直感的にわかりやすい操作性で、建築分野では多くの企業・大学で使われている株式会社アドバンスドナレッジ研究所の熱流体解析ソフトウェア「FlowDesigner」。
3D都市モデルデータから、専門的な難しい設定をすることなく簡単に都市空間の風・熱の流れを見える化することができます。

渋谷駅周辺の3D都市モデルデータを使った熱流体解析イメージ

風速分布

日射積算量分布

建物表面圧力分布

株式会社アドバンスドナレッジ研究所

Airflow Analyst

ESRIジャパン株式会社のGISソフトウェア「ArcGIS for Desktop」上で風況シミュレーションを行うAirflow Analyst(株式会社環境GIS研究所)では、3D都市モデルデータを用いた風況シミュレーションが可能です。GISソフトウェア上で短時間で大規模な風況解析を実施できる点が特徴です。

渋谷駅周辺の3D都市モデルデータを使った風況解析イメージ

風速分布(地上4m付近)
風速分布(地上40m付近)
壁面風速分布

ESRIジャパン株式会社

株式会社環境GIS研究所

商品・サービスへのご相談がございましたら、まずはこちらのページをご確認ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

各商品のカタログを一覧ページにて
PDFファイルで提供しています。

カタログ一覧

商品・サービス

カタログ一覧

カタログ一覧

お客様サポート

商品・サービスへのご相談がございましたら、まずはこちらのページをご確認ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

サポート対象商品・サポート終了予定日一覧

導入事例

ゼンリン公式 ソーシャルメディア アカウント一覧

The Evolution of Mapmaking/ゼンリンの地図づくり

ゼンリン自治体支援プロジェクト