• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

データ展開機能(CSVデータ取り込み機能)

CSVインポート

CSVファイル形式で保存された住所や経度緯度データを取り込んで自動的に地図上にプロットすることができます。取り込み操作も実に簡単。
画面上に表示される取り込みウィザードの指示に従うだけで誰でも簡単に行うことができます。

CSVデータ取り込みイメージ

拡大画像を表示

CSVファイル:各項目が",(カンマ)"で区切られており、拡張子が"*.CSV"のファイルです。
住所を含むデータで地図上にアイコンを表示した場合、市街地図エリアの住居表示地区では、おおむね○丁目○番○号レベル、それ以外のエリアでは、大字レベルでのプロットになります。

CSVエクスポート

作成したユーザー図形情報をCSVファイルに保存します。出力される情報は、ジャンル、名称、デザイン、郵便番号、住所、 TEL、E-Mail、URL、コメント範囲指定抽出、画像、編集日時、図形IDに分かれます。

CSVデータ取り込み

分類・統計化されたデータを多彩な表現で地図上にビジュアル化

地図情報化
情報分類
情報の統計化

取り込んだCSVデータが持つ「住所」「経度・緯度」「電話番号」「郵便番号」の位置情報をもとに地図上にデータを展開。
さらに売上などの数値情報があれば、グラフ表示などもできます。

手順:ファイルの選択
取り込み対象となるCSVファイルを選択
データベースソフトや表計算ソフトなどで作成したCSV形式のファイルリスト対象ファイル選択ダイアログ
手順:マッチング項目の選択①
地図とマッチングするためのデータ項目の区切りを選択
手順:マッチング項目の選択②
地図とマッチングするためのインポートキー項目を選択

住所での取り込みでは、「丁目」、「番地」と「‐(ハイフン)」「ノ」の混在パターンの処理や、「が」と「ヶ」、「の」と「乃」などのあいまいな住所表記の処理も可能。

また、○丁目○番○号といった住所検索はもちろん、「大字」や「字」がつくような細かい住所情報(番地情報)とのマッチング率が向上し、より精度を高めてデータを取り込むことが可能です。

行政界による色分け表示は、市区町村・都道府県単位のみ可能です。
地図上にビジュアル展開

CSVファイルとは?

表計算ソフトやデータベースソフトのデータを保存する一形式で住所データもこの形式に保存できます。各データはカンマ「,」で区切られたテキストデータで、ファイル名は「*.csv」と表記されます。ビジネスで扱う情報のほとんどは位置情報(住所または経度・緯度、電話番号、郵便番号)を持っていますので、CSV形式で取り込むことで、デジタルマップ上に各情報を展開することが可能になります。

グラフ表示

売上などの数値情報をグラフとして集計し、地図上に表示することができます。最大で10色・10段階までの棒グラフ、円グラフが表現できます。

最大10色・10段階の棒グラフ、最大10色の円グラフで表示します。

ドット表示 比率円グラフ表示 円グラフ表示

棒グラフ表示 積み上げ棒グラフ表示

シェア表示

都道府県、市区町村または四角形内にあるデータをもとにした色分けができます。四角形は約10km四方、約2.5km四方、約1.25km四方、約1km四方の4パターンのシェア表示が選択できます。

都道府県市区町村約10km四方約2.5km四方

ポイントデータ表示・色分け表示

ポイントデータ表示

取り込んだデータが持つ位置情報をもとにポイント表示。デザインは227種類のアイコンから選択できます。

ポイントデータ表示

色分け表示

色分け表示

商業統計や国勢調査などの数値データから市区町村単位で地図を色分けします。

市区町村行政界は2016年4月現在のものです。
都道府県行政界は地方図レベル、市区町村行政界は道路地図レベル以上での表現を推奨しています。

重ね合わせ表示

重ね合わせ表示重ね合わせ表示

エリア別に塗り分けた地図の上にグラフを展開したり、自社と他社の店舗のアイコンを同一地図上に表示したりと、異なる種類のデータを同時に表示。複数のデータを重ね合わせて見ることで、さらに効率的な活用が可能になります。

データ取り込み後、ユーザー図形に保存することで、重ね合わせ表示が可能になります。

表示データ調整機能

グラフ表示倍率1.0グラフ表示倍率1/2

グラフ表示にて表示させるグラフは表示倍率を変更することができるのでシーンに合わせたサイズのグラフ表示が可能です。

データ抽出、エクスポート機能

地図上で指定した範囲内にあるデータ抽出結果を表示し、CSV形式で保存できます。
また、以上、以下、等しいなどの条件を指定した抽出もできます。

■範囲指定抽出

円指定抽出
多角形指定抽出
集計結果

■条件指定抽出

条件指定
集計結果

属性情報表示

属性情報表示

地図上のアイコンやグラフの属性情報をラベルで表示。素早く簡単に詳細情報を確認することができます。また、ラベルの文字サイズや背景色の変更もできます。

このページのトップへ

GPS連携

GPSレシーバー連携

GPSレシーバーを利用することにより、外出先で正確なモバイルナビゲーションが楽しめます。
GPSレシーバーから位置情報を取得して、現在地を地図上にアイコン表示します。
また、GPSの受信状況は、GPSモニターでリアルタイムに確認することができます。

<GPSレシーバー対応機種>

■BU-353S4 USB-GPSレシーバー(GlobalSat WorldCom Corp.製)

  • 高性能なSiRFstarIVチップを搭載したパッチアンテナ内蔵型GPS
  • NMEA-0183準拠(v3.0 4800bps)のデータを出力
Zi19動作確認済み商品です。

■NMEA-0183フォーマット対応レシーバー

  • GGA・RMC・GSA・GSVの4つのセンテンス出力
  • COMポート接続
  • ボーレート(通信速度)4800・9600bpsに対応
GPSレシーバーによって仕様が異なりますので、詳細に関しては、メーカー様へお問い合わせください。
パソコンやタブレット端末に内蔵されているGPSは動作保証外です。
NMEA-0183フォーマットとは、GPSレシーバーとナビゲーション機器の間をシリアルポートを利用して通信するための規格です。
測地系の設定につきましては、Tokyo(日本測地系)とWGS84(世界測地系)が選択できますので、接続するGPSレシーバーの出力設定に合わせて選択してください。
GPSレシーバーを使用して測位した位置情報は、GPS衛星からの電波をもとにしたおおよその位置情報であり、必ずしも正確な位置を示すものではありません。

このページのトップへ

計測機能

地図上に指定した任意点間の直線距離や面積を算出し表示する計測機能を搭載しています。
地図上に置かれた多角形、円、楕円を選択すると、それぞれの図形が占める面積を測定できます。

距離計測

地図上に描画した線分の距離と所要時間を測定することができます。

建物指定計測

測定したい建物をクリックするだけで建物の面積の測定ができます。

面積計測の結果

方位計測

方位計測画面

地図上で指定した2点間の方位を計測します。計測できる方位は、地図上で指定した1点目から2点目の方位です。

面積の計測

単位の設定画面

「平方メートル」「平方キロメートル」「坪」単位での面積の計測ができます。

計測結果は目安としてご利用ください。
画像は開発中のものです。
計測パレット

このページのトップへ

商品・サービスへのご相談がございましたら、まずはこちらのページをご確認ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

オンラインでのご購入

商品・サービス

ZENRIN Store/住宅地図、パソコン用ソフト、カーナビソフトなどがオンラインで購入いただけます。

ゼンリン電子地図帳Zi20体験版ダウンロード

お客様サポート

商品・サービスへのご相談がございましたら、まずはこちらのページをご確認ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

サポート対象商品・サポート終了予定日一覧

導入事例

商品のユーザー登録について

対象商品(パソコン用ソフト、カーナビソフトなど)を購入後、商品のユーザー登録をされたお客様に向けて、各種サポートやバージョンアップ商品の優待販売、号外メールの配信などのサービスを提供しています。
商品のユーザー登録は無料ですので、対象商品を購入の際はぜひご登録ください。

商品のユーザー登録について

ゼンリン公式 ソーシャルメディア アカウント一覧

The Evolution of Mapmaking/ゼンリンの地図づくり

ゼンリン自治体支援プロジェクト