• お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • English
  • 商品・サービス
  • お客様サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ

縮小拡大

パソコン用ソフト - ゼンリン電子地図帳Zi10

ダウンロード

ゼンリン電子地図帳Zi10 Service Pack2

対象

ゼンリン電子地図帳Zi10をご使用のお客様

アップデート内容

  • 一部の住所検索にて、誤った結果が表示される現象を修正。
  • アドレスバーにて、特定の住所文字列を入力して検索を実行した場合に、意図しないエリアの地図が表示される現象を修正。
  • 編集モードにて、住所文字列をキーにしたCSVポイントデータ取り込みを実行した場合に、特定の住所文字列にて取り込まれたデータが意図しないエリアに表示される現象を修正。
  • 連携ソフトから特定の住所文字列を指定して、電子地図帳Zi10を起動した場合に、意図しないエリアを表示する現象を修正。
  • 経路探索モードにて、一部の有料区間の経路探索をおこなった場合に、料金が不足した結果が表示される現象を修正。
  • 経路探索モードにて、経由地を設定中に、アドレスバーの履歴を選択すると意図しない場所に経由地が設定される現象を修正。
  • [GPSドライバ設定]画面にて、選択する通信ポート(COMポート)がお客様の環境によって稀に選択出来なくなる現象を修正。

<本『Service Pack2』は、以下『Service Pack1』の内容すべてを含みます>

【Service Pack1でのアップデート内容】

  • 地図上の海の部分で右クリックでコンテキストメニューを表示し、「ホームポジションに設定」を選択するとアプリケーションが終了する現象を修正。
  • 編集モードにて、「文字を書く」を選択し文字図形を登録する。登録した文字図形の文字を再編集する際に、登録時に設定したフォントと異なるフォントで表示され文字列中に空白文字が存在する場合に、編集中と編集後の表示文字列の表示が乱れる場合がある現象を修正。
  • 編集モードにて、「文字を書く」を選択し文字図形を登録する。登録した文字図形を外部ファイルである「ZCF」として出力し別の環境のZi10へ上記で出力した「ZCF」ファイルを取り込んだ際に、文字登録時と異なるフォントで表示される場合がある現象を修正。
  • 検索にて、特定の検索範囲を設定した状態で、検索を実行した場合に、検索範囲外の結果を表示する現象を修正。
  • アドレスバーにて、特定の住所文字列を入力した状態で検索を実行した場合に、意図しないエリアの地図が表示される現象を修正。
  • 編集モードにて、CSVポイントデータ取り込みの住所文字列をキーにした情報の取り込みにおいて、特定の住所文字列にて取り込まれたデータが意図しないエリアに表示される現象を修正。
  • 連携ソフトから住所文字列を指定して、電子地図帳Zi10を起動する場合に、特定の住所文字列である場合に、意図しないエリアを表示する現象を修正。

プログラム実行方法

1.
zi10sp2.exeは自己解凍形式になっておりますので、ダブルクリック、もしくは[ファイル名を指定して実行]から起動してください。
2.
表示されたメッセージに従ってセットアップを行ってください。
3.
「セットアップは、電子地図帳Zi10のサービスパックを正常にインストールしました。」のメッセージがダイアログで表示され、セットアップが終了します。

アップデートモジュール(サービスパックなど)をダウンロードする場合や、アップデートCD-ROMから、アップデートモジュールを実行する際、警告メッセージ等が表示される場合があります。対処方法につきましては以下をご確認ください。

Windows® XP SP2をご使用の方はこちら

ご注意

  • 本ServicePackプログラムを実行する際は、必ず「ゼンリン電子地図帳Zi10」を終了させてください。
  • ハードディスクへのコピー等、別の媒体に保存する場合は、必ず配布されたファイル内容を変更せず行ってください。

ファイルのダウンロード: zi10sp2.exe(プログラムサイズ5.82MB)

お問い合わせ

2010年11月末日をもって、お問い合わせサポートは終了いたしました。