代表取締役社長 髙山善司

ゼンリンの歴史は、戦後間もない1948年、大分県別府市で発行した小冊子の中に添えた地図から始まりました。以来、住宅地図をはじめ、カーナビゲーションや、インターネットの地図など、詳細な地図情報の提供を通じて人びとの生活を支えています。

全国の調査スタッフが日々収集する膨大な情報をデータベースとして管理し、あらゆる用途に最適化して提供する。これが現在の私たちのビジネスモデルです。

安全運転支援などのITSの高度化、災害に対する意識の高まり、訪日外国人観光客の増加など、技術革新や外部環境の変化により、地図の利用シーンが多様化しています。より適した価値を実現するために商品提供型事業から価値創造型事業への転換をベースとした研究開発、用途開発を推進しています。

社訓である「友愛奉仕創造」の精神を堅持しながら、私たちゼンリンはこれからも1人ひとりのニーズに即時に対応できる情報を最適な形でお届けするサービス基盤を通じて、皆様と共に感動できる企業を目指します。

代表取締役社長 髙山 善司