MaaSの発展が新たな時代を切り開く

世界中で、モビリティ革命「MaaS」への取り組みが注目されています。
「MaaS」(モビリティ・アズ・ア・サービス)とは、人の「移動」における様々な手段(=モビリティサービス)を組み合わせて最適化したサービスを創出する概念です。
例えば、アプリ1つでルート検索・予約・決済までを完了できれば、移動手段ごとにアクセス・処理する煩わしさがなくなり、「移動」にマイカーと同等、もしくはそれ以上の快適さを提供するサービスとなりえます。
そうした取り組みが今、実現に向けて加速しています。

「移動」を取り巻く社会課題

現在の日本では、「移動」において、主に2つの課題が存在します。

都市部/観光地では

複雑な交通網をストレスフリーに移動できることが課題となります。

地方では

公共交通機関またはそれに代わる移動手段の創出が課題となります。

地図×MaaS ゼンリンの取り組み

「MaaS」における地図情報の役割

ゼンリンは、地図上で「移動」を可視化し、空間情報として様々な事業者に提供することで、人々の「移動」をつなぐことを目指しています。

「MaaS」を実現する空間データベース

ゼンリンは、1つの空間上であらゆるモビリティを可視化できる「Mobility based Network」(モビリティ ベースド ネットワーク)を構築し、MaaSオペレータに提供することで、MaaSの実現に向けて取り組んでいます。「Mobility based Network」(モビリティ ベースド ネットワーク)では、自動車用ネットワーク、鉄道路線、駅構内通路、歩行者用ネットワークなど、 移動に必要なあらゆるネットワークを組み込み、各ネットワークが交通結節点(各種の交通手段が結節する場所)で接続することにより、MaaSに最適な情報提供を実現します。

様々なサービスをつなぐ取り組み

ゼンリンは、下記3つの要素でMaaSオペレータが気軽に利用できるサービスを構築することで、「移動」の可視化を実現します。

①移動のきっかけとなる情報提供

観光スポット、飲食店等、地域の生活情報に至るまでの様々な位置情報を、地域のあらゆるコンテンツプロバイダが自分たちで地図に紐づけ自由に編集、デジタル化できるツールを提供。

②目的地までのルート探索

目的地までのルートを可視化し、MaaSオペレータ同士で共有することで、各サービスとのマッチングが可能に。一括決済など新たなサービス連携の実現に貢献。

③移動における課題の解決

計画されたルートと実際の移動ログをマッチング分析することにより、交通の課題の可視化、新たな移動サービスの創出に貢献。

MaaSの実現によって描く未来像は、個人の移動をスマートにするだけではありません。
安全安心なまちづくり、地域の発展など、様々な角度から社会の課題を解決することが期待されています。

情報知識