設計意図が伝わるプレゼンテーションへ

BIM/CIMは建設業務の効率化を目的として導入が進みつつありますが、BIM/CIMのもう一つの重要な視点としてプレゼンテーションが挙げられます。
建築物にとって周辺環境との調和は重要視されており、環境シミュレーションは必須です。ゼンリン3D地図データを活用することで、周辺環境の作成にまつわる人件費・作業時間を抑えつつ、建築物の設計意図が伝わるプレゼンテーションを実現します。
大型プロジェクトでは、コンペティション時のプレゼンテーション、その後の周辺住民とのコミュニケーション。再開発やマンション建設などの場合には、市民・入居者へのワクワク感の醸成。山域や港湾では周辺環境への影響の把握と説明。建築プロジェクトにおける様々なプレゼンテーション場面でご活用いただけるデータです。

周辺環境を含めたスピーディで高品質なプレゼンテーションを実現

BIM/CIMモデルを配置するだけで、街区データ、周辺データとして活用することができ、周辺環境を含めた設計意図をプレゼンテーションすることができます。手作業で3D化する必要がなく、周辺環境の作成にまつわる人件費、作業時間を大幅に削減することができます。
また、イメージを共有することによって、ステークホルダーとの合意形成が図りやすく、プロジェクトの推進を促進します。

利用シーン

コンペティションに始まり、ステークホルダー、周辺住民とのコミュニケーションなど、プレゼンテーションの機会は少なくありません。
周辺住民の視線からの見え方、設計意図を伝えるプレゼンテーション、建築物の周辺に対する環境変化のシミュレーションなどにご利用いただけます。

設計意図が伝わるプレゼンテーション

プレゼンテーション

再開発の街並みを俯瞰でプレゼンテーション

竣工イメージを周辺の景観まで含めてシミュレーションすることで、周辺環境への影響を考慮したり、住民への説明を視覚的に行うことで合意形成を得やすくなります。

プレゼンテーション

人の歩く視線からプレゼンテーション

人が歩く視線からのプレゼンテーションを行うことで、実感の伴うプレゼンテーションを行うことができます。近距離でのプレゼンテーションができるのはゼンリンの3D地図データの特長です。

プレゼンテーション

建物を引き立たせるホワイトキューブ

建築物以外はホワイトキューブにすることで、建物の魅力を最大限引き出すことが可能です。

風速変化のシミュレーション

エリアの環境変化をプレゼンテーション

3D都市モデルデータから、専門的な難しい設定をすることなく簡単に都市空間の風・熱の流れを見える化することができます。

用途によって選べる2種類の3D地図データ

街並みとの調和をシミュレーションできる3D都市モデルデータ。そして、建築物を際立たせるプレゼンテーションが行える広域3次元モデルデータをご用意しております。用途に応じてご利用ください。

3D都市モデルデータ

ゼンリンの詳細地図情報と専用車両で計測したデータにより、現実の街を忠実に3Dモデル化。交差点付近を中心に各種センサーや全方位カメラを搭載した専用車両により、建物の形状や質感、道路の交通標識や路面ペイントまで収集。それぞれの距離や位置情報を走行撮影により収集し、細部まで忠実に現実を再現しています。

国内21都市を整備

  • 東京・さいたま・千葉・川崎・横浜・相模原
  • 札幌・仙台・新潟・京都・大阪・堺・神戸・名古屋・浜松・静岡
  • 岡山・広島・北九州・福岡・熊本

広域3次元モデルデータ

都市部だけではなく、郊外や山域、港湾での建設シミュレーションにもご利用いただけます。

ゼンリンの詳細地図情報と国土地理院が公開している地形データを組み合わせ、建物の形状と階数情報を基に全国をモデル化した3D地図データ。建設・都市開発シミュレーションや、建築分野のBIM/CIM業務、VRコンテンツ開発など、さまざまな利用用途に対応しています。

対応ソフトウェア一覧

BIM/CIM業務で使用される主要アプリケーションで使用可能です。

  • Autodesk Navisworks
  • Autodesk Infraworks
  • Autodesk 3ds Max
  • Autodesk Maya
  • Autodesk AutoCAD / Civil3D
  • ARCHICAD
  • Lumion
  • Rhinoceros
  • Unity
  • Unreal Engine
  • Fuzor

お申し込みのご案内

法人のお客様向けに、ご利用のソフトに最適な仕様で3D地図データをご提供するオンラインサービスをご用意しております。
必要なときに必要な分だけ購入(ダウンロード)いただけるため、「ソフトによって3Dの設定がバラバラで大変…」「今すぐデータを使いたいけど手続きが煩雑…」などのお悩みを解決します!

個人利用の方はページ下部のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お試しの申込

トライアル申込

3D都市モデルデータ及び広域3次元モデルデータを実際のサービス画面にてお試しいただけます。
利用規約に同意し、フォームにてお申し込みいただくことでご利用いただけます。

サンプルデータ

商品同様のサンプルデータにてお試しいただけます。
3D都市モデルデータ及び広域3次元モデルデータのサンプルがダウンロード可能です。
使用規約に同意し、フォームにてお申し込みいただくことでご利用いただけます。

料金のご案内

オンラインサービス料金プラン

お客様の使い方に合わせて複数のプランをご用意。
詳しくはお問い合わせください。

3D地図データに関するお問い合わせ

デモ・お見積り依頼、サービスのお申し込み方法について、お気軽にお問い合わせください。

3D地図データお問い合わせフォーム

ラインナップ

事例紹介

情報知識

よくあるご質問

全般

  1. A

    以下の3D地図データをダウンロード可能です。
    (1)3D都市モデルデータ(通常版・ライトモデル白モデル化版)
    (2)広域3次元モデルデータ 50m標高メッシュ版
    (3)広域3次元モデルデータ 10m標高メッシュ版

  2. A

    現在、オンライン提供サービス上ではFBX形式の3Dデータを出力可能です。
    モデルデータはFBX形式、テクスチャデータはPNG形式となります。
    ※ARCHI CADご利用時は、3DS変換ツールをダウンロードしてご利用ください。
    ※その他データ形式での提供については、お問い合わせください。

  3. A

    3D地図データは、モデルデータとテクスチャデータで構成されており、緯度経度等の位置情報は付与されておりません。そのため、各ブロックの位置情報を記載したファイルをご提供しております。
    また、平面直角座標データをご提供の場合、3Dデータの座標情報から位置情報を特定することが可能です。

  4. A

    3D都市モデルデータは、国土地理院の数値地図50mメッシュ数値標高データを基に地形モデルを作成しております。
    広域3次元モデルデータは、50mメッシュ数値標高データ、または10mメッシュ数値標高データを基に作成した3Dデータをご選択いただくことが可能です。

  5. A

    デフォルトプリセットとして以下のソフトウェア向けプリセットを予め用意しております。
    (1)Autodesk Navisworks
    (2)Autodesk 3ds Max/Maya
    (3)Autodesk Infraworks(平面直角座標系専用)
    (4)Lumion
    (5)Rhinoceros
    (6)ARCHI CAD(3DS変換ツール使用必須)

    ※お客様の保有するソフトウェアでの動作及び使用目的に合致することを完全に保証するものではありません。

  6. A

    お客様の利用用途に応じて加工改変を許諾させていただいております。

  7. A

    チケットを全て使用した場合は、各プランに設定された超過従量単価にてダウンロード(購入)が可能です。または、新たに別のプランを追加契約いただくことも可能です。

  8. A

    3D地図データオンライン提供サービスでは、以下の2つの方法で範囲を指定することができます。
    <ブロックで範囲を指定>
    当社の定める定義区画単位で範囲を指定する方法です。
    定義区画に含まれないデータは、複数ブロックを選択して範囲指定してください。

    <自分で範囲を指定>
    矩形で範囲を指定する方法です。但し、チケット消費及び課金の基準単位は、各データの1ブロック同等の面積を基準に1単位として計算されます。基準面積に満たない場合は、1単位として繰り上げ計算します。
    ※年間契約プランのみ「自分で範囲を指定」機能を使用可能です。

  9. A

    各データの1ブロックの定義及びサイズは以下の通りです。
    <3D都市モデルデータ>
     標準地域メッシュ 第2次メッシュを縦横16分割した約625m四方のサイズとなります。

    <広域3次元モデルデータ>
     標準地域メッシュ 第2次メッシュを縦横2分割した約5km四方のサイズとなります。

  10. A

    エリア及びテクスチャ量によって異なりますが、1ブロックあたり約10MB~約300MB程度です。
    複数ブロックを1ファイル統合出力する場合は、更にデータ容量が増加します。

  11. A

    2019年4月現在、各データのブロック数は以下の通りです。
    詳細な整備範囲は、範囲指定時の地図画面上でご確認ください。
    <3D都市モデルデータ>
    整備ブロック数:6,815ブロック
    東京23区及び大阪市の全域とその他政令指定都市19都市の中心部となります。

    <広域3次元モデルデータ>
    整備ブロック数:17,119ブロック
    日本国内全域を整備しております。

  12. A

    3D地図データオンライン提供サービスで一度に指定可能な最大範囲は以下の通りです。
    <ブロックで範囲を指定>
     3D都市モデルデータ  :最大16ブロックまで
     広域3次元モデルデータ:最大4ブロックまで

    <自分で範囲を指定>
     3D都市モデルデータ  :最大9ブロック選択相当の範囲まで(短辺・長辺の制限あり)
     ※例)短辺が1ブロック相当の長さ(約625m)未満の場合、長辺は7ブロック相当の長さ(約4.3km)以内          
     広域3次元モデルデータ:最大1ブロック選択相当の範囲まで(短辺・長辺の制限あり)
     ※短辺、長辺共に1ブロック相当の長さ(約5km)以内

  13. A

    チケット1枚の消費及び従量課金は、基準単位を定めております。
    データ取得の範囲指定方法により以下の基準となります。
    <ブロックで範囲を指定>
    ・各データの1ブロックが1単位となります。
     3D都市モデルデータ  :約625m四方の定義区画単位
     広域3次元モデルデータ :約5km四方の定義区画単位

    <自分で範囲を指定>
    ・各データの1ブロック相当面積が1単位となります。
     3D都市モデルデータ  :約0.39km²(1ブロック相当面積)
     広域3次元モデルデータ :約25km²(1ブロック相当面積)
     ※基準面積に満たない場合は、1単位として繰り上げ計算します。

  14. A

    3D地図データダウンロード時の変換設定に間違い等があった場合は、同じ範囲に限り対象データのプリセット内容を変更して1ヶ月間再ダウンロード(再変換)が可能です。

  15. A

    3Dデータの切断は行わず、指定範囲内に含まれる各オブジェクトの最小の部品単位で出力します。
    そのため、部品の大きさによっては、指定範囲の境界を超えてデータが出力される場合があります。

  16. A

    3D地図データオンライン提供サービスでは、住所、駅名、施設名による場所の検索が可能です。

  17. A

    3D地図データオンライン提供サービスでは、3D都市モデルデータを「ブロックで範囲を指定」で範囲指定した場合に限り、予め固定視点でレンダリングした俯瞰画像の確認が可能です。

  18. A

    3D地図データオンライン提供サービスの3D地図データは、年1回最新版データに更新しております。
    お客様は、その時点で最新の3D地図データをご利用いただくことが可能です。

  19. A

    3D地図データオンライン提供サービスで別途提供の「3DS変換ツール」をダウンロードいただき、お客様のPCでFBX形式データを3DS形式に変換してください。変換した3DS形式データを、ARCHI CADに取り込んでご利用ください。

  20. A

    3DS変換ツールは、MacOSでは使用できません。
    Windows 7/10 64bit環境専用ツールとなります。

  21. A

    そのままでは出力できません。データの加工が一部必要となります。
    データの加工及び3Dプリンタ出力物の受託も可能です。