概要

BIM/CIM業務からVR、ゲーム開発まで、幅広い利用用途

ゼンリンの詳細地図情報と専用車両で計測したデータにより、現実の街を忠実に3Dモデル化。建設・都市開発シミュレーションや土木建築分野のBIM/CIM業務、ゲーム開発など、さまざまな利用用途に対応しています。

3D都市モデルデータの概要

ゼンリンの詳細地図情報と専用車両で計測したデータにより、現実の街並みを忠実に3Dモデル化。

広域三次元モデルデータの概要

ゼンリンの詳細地図情報国土地理院が公開している地形データを組み合わせ、ソフトウェア処理中心に造られた3Dデータ。
建設・都市開発シミュレーションや、建築分野のBIM/CIM業務、VRコンテンツ開発など、さまざまな利用用途に対応しています。

特長

3D都市モデルデータの特長

交通標識などディティールにこだわった情報収集

交差点付近を中心に各種センサーや全方位カメラを搭載した専用車両により、建物の形状や質感、道路の交通標識や路面ペイントまで収集。それぞれの距離や位置情報を走行撮影により収集し、細部まで忠実に現実を再現しています。

交通標識などディティールにこだわった情報収集

航空写真や衛星写真からは収集不可能なビルの陰や高架下などの情報もドライバーや歩行者の視点で、収集・計測しています。

交通標識などディティールにこだわった情報収集

高架などの入り組んだ複雑な構造物まで網羅

複雑なJCTも立体的に表現

複雑なJCTも立体的に表現

道路の掘下げや高架の表現も可能

道路の掘下げや高架の表現も可能

広域三次元モデルデータの特長

日本全国の地形および建物を3Dモデル化

ゼンリンだからできる、日本全国で収集した建物階数情報をもとに立ち上げを行った 
3Dデータを、5km四方の広範囲で提供します。

活用例

画像をクリックすると活用例などの詳細をご覧いただけます。

3D都市モデルデータに関するお問い合わせ

3D都市モデルデータお問い合わせフォーム

ラインナップ

事例紹介

よくあるご質問

全般

  1. A

    モデルデータは、FBX形式、テクスチャデータは、PNG形式(RGBA)となります。
    その他形式でのご提供及び詳細については、下記からお問い合わせください。

  2. A

    3D都市モデルデータの提供単位は弊社があらかじめ定義した区画単位の1パーセル(約625m×約625m)から提供可能です。
    1パーセルは、標準地域メッシュ 第2次メッシュを縦横16分割したサイズとなります。
    詳細については、下記からお問い合わせください。

  3. A

    日本国内:6,678パーセル、海外:2,564パーセルとなります。
    国内は、東京23区及び大阪市の全域とその他政令指定都市19都市の中心部となります。
    海外は、欧州・北米56都市の中心部のデータをご提供可能です。
    詳細については、下記からお問い合わせください。

  4. A

    日本国内については、毎年調査を行い年1回データを整備更新しております。
    欧州・北米の海外データについては、2007年~2011年頃までに調査されたデータとなります。
    詳細については、下記からお問い合わせください。

  5. A

    3D都市モデルデータは、モデルデータ及びテクスチャデータとして構成されており、緯度経度等の位置情報は付与されておりません。その為、別ファイルとして、各パーセルの原点位置の情報をご提供することが可能です。
    詳細については、下記からお問い合わせください。

  6. A

    エリアによって異なりますが、FBX形式データ本体は、約3~約5MB程度です。
    テクスチャデータは、エリア及び解像度により異なりますが、数十MB~数百MBになります。
    詳細については、下記からお問い合わせください。

  7. A

    国土地理院の数値地図50mメッシュ(標高)を基に地形モデルを作成しております。
    詳細については、下記からお問い合わせください。

  8. A

    お客様の利用用途に応じて加工改変を許諾させていただいております。
    詳細については、下記からお問い合わせください。

  9. A

    そのままでは、出力できません。データの加工が一部必要となります。
    データの加工及び3Dプリンタ出力物の受託も可能です。
    詳細については、下記からお問い合わせください。