配送ルート最適化は、AIを用いた配送ルート作成技術です。ECサービスの普及や人手不足などによりドライバーの負担が増える現在、配送ルートの最適化により、効率的な業務が可能になります。

従来ベテランの従業員が行ってきた配送ルート作成ですが、ツールの利用により、さらなる効率的なルート案内が可能です。また、経験が無い・浅いドライバーでも手軽に配送ルートの作成ができるようになります。しかし、具体的な効果やメリットにはどのようなものがあるのかわからない方もいるかもしれません。

今回の記事では、配送ルートの最適化の効果やメリットなどを詳しく解説していきます。配送ルートの最適化を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

配送ルート最適化ツールとは?

「配送ルート最適化ツール」とは、AIなどの技術を用いて最適なルートを計算・作成するツールのことです。

配送先が複数ある場合や、道路の混み具合などの要因から到着期限によって最適なルートは異なるものです。また、配送先は毎日固定されているわけではなく、日によって異なる場合もあるでしょう。

人間が配送ルートを考える場合、さまざまな条件を踏まえた上で配送計画を作成しなければならず、手間や時間がかかってしまいます。また、経験や勘を要するため、経験豊富な担当者に業務が属人化してしまうことが問題になっています。

しかし、配送ルート最適化ツールの利用により、現場の人手不足の解消やスキルの属人化などを防ぐことが可能です。現在では、小売業界や物流業界など、多くの現場で導入され始めています。

配送ルート最適化が必要とされる背景

配送ルート最適化が必要とされる背景には、以下の3つが挙げられます。

人手不足・高齢化

慢性的な長時間労働

業務効率化ができていない

ここではそれぞれの詳細を解説していきます。

人手不足・高齢化

現在の物流業界の最大の課題には、人手不足や現場人材の高齢化が挙げられます。総務省統計局の2022年度「労働力調査」によると、道路貨物運送業の29歳以下の就業者構成比が約10%である一方で、50歳以上の就業者構成比は49%でした。現在、少子高齢化が進んでいく中で、従業員のさらなる高齢化や人手不足が進むことが見込まれています。

国土交通省の「トラック運送業の現状等について」によると、平成30年の有効求人倍率は、全職業が1.49なのに対し貨物自動車運転手は2.79との結果が出ており、人手不足の深刻化がうかがえるでしょう。

慢性的な長時間労働

物流業界で問題となってきたのは、慢性的な長時間労働です。近年はECサービスの需要が増加したことにより、負担がさらに大きくなっています。

長時間労働の解決や2024年問題に対処するためには、業務効率化を考える必要があります。これらの課題を解決するためにも、配送ルート最適化が注目を集めているのです。

業務効率化ができていない

配送ルート最適化が必要とされる理由の一つに、業務効率化ができていない点も挙げられます。業務効率化のために対策を考えようとしても、長年の労働慣行により根本的な解決が難しいケースもあるでしょう。

特に、現場におけるデジタル化やリテラシーの不足については以前から問題視されています。これは、従業員の高齢化が原因の一つとも考えられます。

現場での配送ルート決めは手作業・属人的に行われてきましたが、それでは最適なルートを決める技術が安定的に継承されません。属人化の解消のために教育しようとしても、ルート作成ができるようになるには時間がかかってしまいます。

さらに、今後は2024年問題も控えています。「2024年問題」とは、働き方改革法によって2024年4月1日以降、自動車運転業務の年間時間外労働時間の上限が960時間に制限されることにより発生する問題です。現場の人間の労働時間が制限されるため、必然的に効率的な配送が求められるでしょう。

配送ルート最適化ツールなどの新しいITテクノロジーを利用した効率化を実施しなければ、業務効率化は達成できません。

配送ルート最適化ツールの効果・メリットは何?

配送ルート最適化ツールの効果・メリットは以下の3つがあります。

属人化を防ぎ、品質を一定化できる

長時間労働を防ぎ、人手不足も解消

効率的なルート設定に最適な情報が充実している

ここではそれぞれの詳細を解説します。配送ルート最適化ツールの利用を検討している方は、参考にしてみてください。

属人化を防ぎ、品質を一定化できる

配送ルート最適化ツールの利用により、属人化を防ぐことができ、配送ルートの品質を一定化できます。配送ルートを作るには経験と土地勘がなければ難しく、ベテラン従業員に仕事が偏ってしまうものです。しかし、配送ルート最適化ツールを利用すれば、経験が浅いドライバーでも品質を保ったまま配送ルートを作れるようになります。

その結果、人の出入りの激しい物流業界にあっても、新たな人材への教育コストを下げることが可能です。また、ベテラン従業員の仕事の偏りも解消できるため、他の仕事に注力できるでしょう。配送ルート最適化ツールを利用することで、効率的にサービス提供ができるようになります。

長時間労働を防ぎ、人手不足も解消

配送ルートの最適化が実現すれば業務時間を削減でき、大幅な業務効率化が可能になるでしょう。たとえ荷物が多くても、配送ルートが最適化されていれば配送時間の削減ができ、車両やドライバーの無駄のない利用が可能になります。結果的に少ない人員でより多くの配送ができるようになるため、長時間労働を防ぎ、人材不足も解消できます。

配送ルート最適化ツールを利用すれば、ドライバーはもちろん、管理者の人材確保の悩みも少なくなるでしょう。

効率的なルート設定に最適な情報が充実している

配送ルート最適化ツールには、効率的なルート設定に便利な情報が充実しています。配送ルート作りで困る点には、以下のものがあります。

建物の出入口がどこにあるかわからない

大型車が通れない道を案内される

通常のカーナビでは、上記の問題を解消することはできません。また、配送ルートを作成する従業員でも、全てを把握できていない場合もあるでしょう。しかし配送ルート最適化ツールや連携する専用のナビゲーションを使えば、建物の出入口の確認や大型車の車格を考慮したルート案内をしてくれます。

ZENRIN ロジスティクスサービスの「配車計画」「ナビゲーションアプリ」を連携すればルート最適化が可能

ZENRIN ロジスティクスサービスの「配車計画」により、ルートの最適化が可能です。「配車計画」には配送コストを意識した最適化アルゴリズムが組まれており、コストパフォーマンスに優れた配送計画を短時間で作成してくれます。

「ナビゲーションアプリ」では、各種規制情報や交通状況を考慮したルート案内や建物の出入口情報を活用した「ドアtoドア」案内に加え、ビルに入居するテナント情報の表示も可能なため、配送時間を大幅に短縮できます。

他にも「動態管理」による車両の現在地や走行軌跡の把握、業務進捗管理が可能です。「固定ルート作成ツール」では、AIの配送ルートに頼らず熟練のドライバーの経験を活かした走行ルートの作成もできます。

配送ルート最適化をご検討ください

配送ルート最適化ができれば、人材不足や長時間労働、業務属人化の問題を解消できます。また、新人でも配送ルートが作れるため、教育時間の削減や業務効率化もでき、コスト削減にもつながります。現在人材不足や属人化の問題を抱えているなら、配送ルート最適化ツールを利用するのがおすすめです。

ZENRIN ロジスティクスサービスでは、交通情報に沿ったリアルタイムのルート案内、大型車両向けの配送ルート作成が可能です。導入検討にあたりお試し利用も可能です。資料ダウンロードもできるため、ぜひ配送ルート最適化ツールの利用をご検討ください。

関連記事

トラックドライバー不足の原因や解決のための対策をご紹介

配送業務の効率化とは何か?
必要な背景や配送効率化の方法についてご紹介

2024年問題が物流業界に及ぼす影響と解決策をわかりやすくご紹介

物流費高騰・値上げはなぜ起きている?
コスト削減の方法もご紹介

関連記事