ドラマと同時進行で聖地の「いま」を地図付きでツイート!

2024年から1万円札の顔となる、渋沢栄一。なんと、一万円札の顔が変わるのは40年ぶりとのことで、新札の顔ぶれが発表されたときには、渋沢栄一とはどんな人物だったのかが話題となりました。明治から大正時代に活躍した実業家として、日本の資本主義の父と呼ばれる存在だったのですが、2021年のNHK大河ドラマの主人公として取り上げられることにより、一層その名前を広めることとなりました。

渋沢栄一が活躍した時代は、明治維新前後の世界の出来事でもあり、現在と時代が近く、その足跡は今も色濃く残っている…。ということで、NHK大河ドラマ「青天を衝け」と連動して、ドラマの中で起こっていることを、公式ツイッターにおいて、現在の地図を使って補足解説する試みを行いました。結果「地図から日本史が学べました」、「ドラマの出来事がとても身近に感じられました」など、予想以上の反響をいただくこととなりました。

そこで、ハッシュダグ「地的に愉しむ青天を衝け」でツイートした中から、最も人気の高かったBest3+1をご紹介したいと思います。「いいね」数が最も多かったツイートから、上位3個に加え、ツイッター担当者のコメントもご紹介します!また、番外編として、担当者が是非おすすめしたい「+1」も合わせてお届けいたします。

日本の資本主義の礎となった場所を巡る旅に、是非お役立てください。

第1位 栄一一行のパリ滞在マップ/第22話「篤太夫、パリへ」より(7月11日放送分)

第22話では、パリ万博に参加する徳川昭武の随行で赴いたフランスのパリが舞台。宿泊したグランドホテルから万博会場など、栄一(篤太夫)が見て回った場所を紹介しました。実は、ゼンリンでは世界地図を作っておらず、パリ編は学生時代の地図帳でおなじみ、帝国書院さんとのコラボでお届けすることとなりました。その他にも「渋沢栄一パリ出張航路」、「栄一初めての鉄道経験ルート」を同時に紹介いたしました。

Twitter担当者より

当社では世界地図を作っていないため、実は当初「パリ編」はお休みも考えていましたが、帝国書院さんにお願いをしてみたらご快諾をいただき、地図会社コラボが実現いたしました。
遠い異国パリでの渋沢翁の活躍を身近に感じられたのは、見慣れた帝国書院さんの地図で表現できたからにほかなりません。1位がこのツイートだったというのもうなずけますね!

第2位 円四郎の襲撃現場/第16回 「恩人暗殺」より(5月30日放送分)

放送後に「円四郎ロス」がSNS上で広がった第16話。渋沢栄一の恩人であり、栄一を見出した人物である、徳川慶喜の側近、平岡円四郎が暗殺された回では、「円四郎の襲撃現場」を紹介。フォロワーさんからは「スーパーに行くときに通っている所だ!」、「いつも通ってる場所だ!」、「めっちゃ近所だった」など、普段の生活では意識せずに通っていた場所だったことに、驚きの声が多く上がっていました。あわせて「平岡円四郎巡礼マップ」も紹介いたしました。

Twitter担当者より

前週の予告の時点で「来週はみなさん円四郎ロスになりそう…」と思い、このツイートをさせていただきました。放送翌日以降には、京都のみなさんより「手を合わせに行ってきました」などのご報告ツイートも多数いただき、多くの方と気持ちを一緒にすることができた、思い出深いツイートでもあります。

第3位 武州の地図/第20回 「篤太夫、青天の霹靂」より(6月27日放送)

慶喜が徳川宗家を相続し、事実上、次期将軍になることが決まった第20話。幕臣となった渋沢栄一が、謀反の嫌疑がかかった大沢源次郎を捕縛する命を受け、新選組・土方歳三たちが渋沢の護衛につくこととなりました。そのときに盛り上がった会話から、ツイートしました。「武州めちゃくちゃ広くないですか?」に、「広すぎ」、「なんと実家も武州でした…」など、反応する人が多数いらっしゃいました。

Twitter担当者より

栄一と歳三が、共に大沢源次郎の捕縛に向かったのは史実です。二人が友となるターニングポイントのひとつと感じたため、このツイートをさせていただきました。
「武州が大きい!」というだけでなく、同郷の話題はいつの時代も心の距離を縮めてくれるということを感じ取っていただけたら幸いです。

<番外編> プラス1:ツイッター担当者イチオシの場所

Twitter担当者より

茅場町に澁澤シティプレイスがあることも、澁澤倉庫さんがオーナーであることも存じていましたが、まさか渋沢翁の商売敵となる「三菱商会」が元々あった場所だとは思いもせず…古地図で発見したときはびっくりしました。こうした時代の流れ、思いがけない歴史背景を発見できるのも地図ならではと思い、このツイートをおすすめのひとつとしました。

大河ドラマ 「青天を衝け」を地図で補足解説!「#地的に愉しむ青天を衝け」ツイート集

ほかのツイートも見てみたい方はこちらからどうぞ

ゼンリンの公式ツイッターでは当社の情報や、地理に関するあれこれを日々お届けしています

ゼンリンの公式ツイッターでは、商品サービスのことだけでなく、地図を見る・読む楽しさをお届けできるよう、地図や地名などに関する「地的なネタ」を日々つぶやいてます。
是非フォローください!

ゼンリンメールマガジン購読について

ゼンリンのメールマガジンを購読する方法は以下となります。

ZENRIN Storeに会員登録して購読する

Facebookアカウントで購読する

詳しくはこちらのボタンからご確認ください。

関連記事