道路、鉄道情報はもちろん、行政界や個別の建物情まで収録した住宅地図データベースです。
顧客管理や、訪問計画立案など幅広い業務でご利用いただけます。

概要

Zmap-TOWNIIは詳細なデータを書き込んだ住宅地図。それをコンピュータによって活用いただける住宅地図データベースです。
道路、鉄道といった構造物や建築物をはじめ、行政界や交通規制情報、さらには一軒一軒の建物名称までがカバーされており、これらの情報は階層(レイヤ)毎にベクトル形式でデータ化され、様々な検索方法で活用できます。
また、戸別の建物名称は基本属性情報を保有し、住所、名称などが付加されています。
これらの情報をユーザ独自の業務データベースと結びつければ、さまざまな業務で多角的に、戦略的に活用できます。

サンプル画像

オフィス街

オフィス街

郊外

郊外

住宅街

住宅街

区割り図

区割り図

特長

  • ベクトルデータベースとしてほぼ全国を整備。市区町村単位での提供が可能。
  • 新しい情報を提供するために定期的なメンテナンスを実施。
  • 19座標系を利用しており、同系内で隣接する市区町村についてはシームレスな動作が可能。
  • データベースは、地形データや文字データなどの中地図、ビル・マンション等の別記、地下街等の部品図(地図式別記)で構成。あわせて市区町村全体を表した索引図(全体図)を提供。
  • 一軒一軒の建物には、ビル名や居住者名、住所などの属性情報を持たせているため、ピンポイントでの場所の特定やユーザデータとのマッチングといった利用が可能。
  • 地図の要素情報はレイヤ構造にて管理されており、道路や行政界、文字など必要なレイヤの選択により用途や見やすさに応じた地図表現が可能。

価格

一市町村あたり、定価:165,000円(本体価格)+税~/1ライセンス

GIS地図データ商品 / ソリューションに関するお問い合わせ

GIS地図データ商品 / ソリューションお問い合わせフォーム

ラインナップ

事例紹介