住宅地図利用に優れたGISアプリケーション。操作性を向上しLGWANに対応

「ゼンリン住宅地図 LGWAN」は、ゼンリンが長年蓄積した地方公共団体における地図提供ノウハウをもとに開発した住宅地図をベースにしたGIS製品です。
自治体業務における住宅地図の活用をより効果的にするために、豊富な機能を兼ね備えたパッケージシステムとして提供しています。

防災パックをリリースしました(2018年6月)

概要

自治体のニーズ

2015年総務省より各自治体のセキュリティ対策強化が求められ、ネットワーク分離が進んでいます。これによりインターネット接続が規制され、セキュリティの高いLGWAN環境下での業務が主となりました。自治体におけるGISシステムの導入意向をふまえ、ゼンリンは、LGWAN環境下での部署間情報共有や住民対応などの個別業務を支援するために、住宅地図を活かした低コストなGISサービスをご提案します。

GISに期待する効果

※出展:総務省「地域におけるICT利活用の現状に関する調査研究」(H26年)

特長

GISの導入には、財政状況や、情報・システム利用のスキル、さらにはインターネット接続とLGWAN回線の分離運用への工夫など、複数の障壁があります。ゼンリン住宅地図 LGWANでは、設備投資なく低コストで住宅地図を閲覧でき、台帳管理や図形の書き込みなど、業務に役立つ様々な機能もご用意しております。

基本機能

住宅地図

住宅地図表示

道路地図(市街図付)

全国の市街地図・道路地図を表示

地図属性表示

個人宅名や事業所名、河川名称、一方通行等の属性表示

地図検索(住所・施設名・他)

住所や施設名等での地図検索が可能

地図印刷

A3サイズまでの出力が可能

距離・面積計測(ルート表示)

2点間の距離や最適ルートを表示可能

台帳ファイルの共有

台帳ファイル(●●●●.db)をWindowsの機能で共有設定すれば、指定の利用者に対し台帳ファイルを共有することができます。
排他制御により複数端末での同時利用も可能です。

台帳ファイルをご利用いただくには別途オプション機能の申込みが必要です。

提供地図

当該市町村の住宅地図・市街地図・道路地図・広域地図が利用できます。
(住宅地図は当該市町村のみ、市街地図・道路地図・広域地図は全都道府県閲覧可能です)

住宅地図

道路地図

市街地図

広域地図

価格

住宅地図の閲覧等、基本機能のみ
人口規模3万未満の市町村120,000円(税別)/年より

詳細は別途お問い合わせください。

ラインナップ

事例紹介