土地売買や土地の名義変更などの手続きに必要となる公図をデータベース化。

概要

公図の閲覧申請や都市計画の事前確認に最適

法務局(登記所)備え付けの地図(公図)及び都市計画情報をデータベース化。
ゼンリン住宅地図データベース「Zmap-TOWNII」と 組み合わせて活用することで、不動産取引業務や建築確認業務、都市計画の事前確認業務の効率化が図れます。

特長

住居表示番号と関連付けされた「地番・公図番号」

Zmap-TOWNIIとの組み合わせにより、住居表示番号から地番や公図番号など必要な情報を検索可能。

レイヤ構造とポリゴン化による自由度の高いデータベース

レイヤ構造の採用により、必要な情報のみを表示可能。
公図界や地番界をポリゴン化。ポリゴン単位での色塗りが可能。

特長

本画像は、「ブルーマップIIデータ」と「Zmap-TOWNII」を重ね合わせた図です。

利用されるシステムにより画面イメージが異なる場合があります。

収録データ・仕様

収録データ

地番、枝番、公図番号、公図界、用途地域名、用途地域界、容積率、 建ぺい率

提供エリア

約400市区町村

提供単位

市区町村単位

提供形式

Shape

ブルーマップのご利用には、別途Viewerソフトが必要になります。

ブルーマップのご利用には、同地区のZmap-TOWNII(住宅地図データベース)のご購入が必要になります。

利用するソフトによっては、データの重ね合わせ作業が必要な場合があります。

GIS地図データ商品 / ソリューションに関するお問い合わせ

GIS地図データ商品 / ソリューションお問い合わせフォーム

ラインナップ

よくあるご質問

全般

  1. A

    ゼンリン住宅地図データベース Zmap-TOWNII との組み合わせによりご利用いただける ブルーマップデータベースや、法人様向けのサービスもございます。下記のページよりお気軽にお問い合わせください。

  2. A

    地区や利用台数によって変わります。商品提案のお申し込みを承っておりますので下記のページをご確認ください。